プライム会員増に向かうか、アマゾン送料値上げ(2018-04)


来たか!と思った人も多いでしょう。
アマゾンの配送を請け負うヤマト運輸の値上げが影響しています。
運送業界のドライバー不足は引っ越しシーズンの今がピークを迎えています。
気になるのは本州及び四国とそれ以外では値上げ幅が違うこと。
物流拠点(九州・鳥栖)がすぐ近くにあっても考慮されません。
これはアマゾンが販売する場合でありマーケットプレイスは対象外です。

送料無料が継続されるプライム会員が注目されます。
現在、2割に届かない会員の増加に繋がるかも。

『週刊東洋経済』とインターネットアンケート・サービス「NTTコム リサーチ」が共同で実施(2017年5月)した「Amazonの利用に関する調査結果」によると、有料会員制度「Amazonプライム」の加入率はAmazon利用者の16.6%だった。

出典:インプレス
https://netshop.impress.co.jp/node/5304

会員になると、プライム対象商品は早めに配達されます(お急ぎ便)。
珍しい経験がひとつ。
2つのプライム対象商品を注文したときのこと。
ともに送料無料ですが、配達予定が同日だったので宅配さんに申し訳ないので「同時に配送」を選びました。
在庫管理の不備でしょうか。
ひとつが一週間遅れになり、それに引っ張られて「同時に配送」が裏目に出ます。

お詫びにクーポンを頂いたので次回の教訓としましす。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です