最後まで分からないまさかの逆転(2018-04)、鳥栖高校野球部



(延長13回逆転サヨナラ勝ち)

週末の鳥栖高校野球部はNHK杯予選を兼ねた鳥栖市長杯2回戦でした。
悪天候で順延された初日以外は天気に恵まれています。

試合の序盤は無得点、4回表4番打者のソロホームランで先制点を奪われます。
6回と8回に追加点を許し、3-0のまま9回裏です。
それまでパラパラと単打はありましたが得点につながりません。
ムードがヤバいです。
3番打者が二塁打で、一死二塁。
4番にホームランが出て、3-2と1点差に迫ります。
ヒットした5番に代走、一死一塁。
7番のヒットで、二死一三塁。
逆転のランナーが出ました。
一塁ランナーが挟まれた隙に三塁ランナーがホームインで同点(3-3)に追いつきます。
二死二塁、反撃はここまでで延長戦へ。

次にゲームが動くのは今年から導入されたタイブレークの13回裏の攻撃です。
無死一二塁から始まります。
9回裏の反撃シーンが記憶に残ります。
先頭打者3番アウトで、一死一二塁。
4番にライト線を抜くタイムリーヒットが出て逆転サヨナラ・ゲームセット。

昨年夏の「逆転の鳥栖」を思い出す流れでした。

忘れないうちに写真はアーカイブス(関係者限定)に整理しておきました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です