ブログ購読にはフィードリーダーFeedlyがお気に入り


ニュースサイトは定期的に記事が配信されます。
気が向いた時にアクセスしても最新の記事を読むことができます。

一方、更新間隔や時刻が不定期のブログはアクセスしても未更新だったり、見逃したりする事があります。
そんな時は更新日時やタイトルを通知してくれるサービス、フィードがあります。
RSSやXMLなどのフォーマットがあり、フィードリーダーで読むことができます。

リーダーはFeedlyが人気のようです(写真右上)。
読みたいサイトのフィードアドレス(URL)を設定するだけ。
以下は当ブログの投稿フィードをFeedlyへ登録するアイコンです。
https://kiijowind.info/feed/が設定されます。

follow us in feedly

数多ある世のブログのレイアウトは様ざまです。
それぞれにアクセスして閲覧する場合の手順は多岐に渡ります。
Feedlyに集約(写真右下)すればビュー(見え方)を統一することができます。
私はリストビュー(写真左)の一覧表示が好みです。

後で読もうと思う記事は[Read later]マークを付けます。
自動化ツールIFTTT(イフト)によって
Feedly -①→ Pocket -②→ Evernote
①Feedlyで[Read later]マークを付けた記事をPocketへ転送
②Pocketで[アーカイブ]へ移した記事をEvernoteへ転送
を自動化することができるとブログなどで紹介されています。

しかし、IFTTTのアプレット(旧レシピ)からFeedlyアカウントへアクセスすると何故か有料版へ誘導されます。
無料版Feedlyでは新規にIFTTTを利用することはできなくなったのでしょうか。
手順①は手作業でPocketへ放り込めば問題ありません。
手順②は自動で動いてくれます。

ただし、使用中のアプレットではEvernoteへ保存しているのはタイトルと時刻の他はオリジナル記事へのリンクのみなので全文を保存できるアプレットが欲しいところ。
Evernoteの検索機能は秀逸ですから。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です