ロト6のうまい話詐欺はまだあるもよう(2018-08)


(みずほ銀行ラッキーライン)

8月に入りました。
今日(08/01)の天気は西日本大濠花火大会には最適でしょうか、暑くなります。

関係ないですが、サマージャンボ宝くじの購入締め切りも今月。
宝くじを窓口で買わなくなって随分経ちます。

紙切れの管理が面倒くさい 〜
みずほ銀行から通販で購入したこともあります。
購入した宝くじ番号の控えの郵送料(手数料)を払うことに納得できなくて止めました。
窓口販売に比べて銀行が支払う手数料が不要なのに・・・

今はWeb上(ネットバンク)で購入や当選金受け取りが完結する数字選択式宝くじを気の向くままに購入するくらいですね。

そのひとつロト6に関する古い手口の詐欺です。
早い話、夕方の当選発表と翌朝の新聞掲載の時間差を利用して当選番号を事前に知り得る「中の人」と信じ込ませるもの。

https://www.mizuhobank.co.jp/retail/takarakuji/warning/loto6attention.html

うまい話はありません。
もし本当なら、私は人に教えるより自分でこっそりやります。
狙われる情報弱者は「自分は大丈夫」と思い込むのでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です