新品の自転車ブレーキゴムが元の位置に入らない(2018-08)


通学や部活などの移動に必須な自転車。
卒部した今は駅と学校の移動用です。

ブレーキの音がうんぬんと言っていたので見てみてビックリ。
前ブレーキのゴム部分は跡形もなくなっています。
前輪リムと擦れ合う金属音が響き渡るのみで制動効果なし。
自転車は前後ブレーキを同時に使って停止する仕組みを理解しとらん。

補習などで登校している日(毎日だが)に行って部品交換完了です。

我ながら単純な思い違いしたのでメモめも。
ブレーキ部品ゴムとリムの隙間は1〜2mmと説明書にあるが、交換する新品部品が元の位置に入らない。
パーツを間違えたかな。
困った末、ゴムを削りながら気付いた。
ブレーキワイヤーを調整すれば良いではないか。

壊れた鍵を取り替えたりと必需品にかかるコストはやむを得まい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です