横向きでナルチカ、スマホ動画撮影(2018-08)


卒部記念ムービーを作成していて気になった点をメモ。

手軽にスマホで動画撮影できるのは嬉しい。
画像素材はその時でないと撮れないことが多い。
あっと言う間にシャッターチャンスは過ぎ去ってしまう。

YouTubeで再生回数の多い投稿には正にタイムリーなものが多くみられます。

YouTube投稿に限らず、テレビ画面に映したりDVD Videoに収めようとするならスマホは横向きにしましょう。
殆どワイド画面、アスペクト比(16:9)になります。
景色撮影なら横向きだが、人物なら無意識に縦向きにしていまいます。
縦向きで撮ってしまうと両側が黒い帯となるか、奇麗に収めるとするなら画像を切り抜く必要に迫られます。

屋内で撮る場合は露出の関係でピントが甘くなり、切り抜くと更に画質が落ちます。
音声も拾いやすいので可能限り被写体に近付いて脇を締めてブレないようにした方がお薦めかな。
なるべく近付くことをナルチカと呼ぶかは知らないけど。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です