激変しそうな世の中、柔軟な対応でストレスレスにしたい


日常生活に直結する法案が目白押しの今国会です。
多数決の論理で押し切られてしまうのでしょうか。
少子高齢化が急速に進行した結果の労働力不足をどう乗り切るかは難しい課題です。
今はWebツールを使えば簡単に自分の考えを表現できますが一部のインフルエンサーを除けば影響は限定的。
有権者の意思表示は選挙が大切な手段になります。
充分意識して国会運営してますから。

相手を変えるのに比較すれば自分が変わることが100倍も楽です。
消費税増税に絡むポイントバック施策にも柔軟に対応しなくては。
増税後の消費落ち込み対策は建て前、諸外国に比べキャシュレス決済が普及していない現状へのテコ入れとみられています。
キャシュレス派の私にはウエルカム!です。
もちろん逆パターンだとしても対処しますけど。
対象店舗の資本金上限がどうのこうの、まだまだ決定には時間を要しそうです。

前述のように自分を合わせるようにした方がストレスレスで生きられそう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です