資産運用は長期・積立・分散が自分に合ってるかも


貯蓄から投資へのシフトを後押しする国の仕組み、NISA(ニーサ)やiDeCo(イデコ)を利用する人が増えました。

昨年暮れから年始めにかけて世界的に暴落した株価ですが戻りつつある昨今です。

NISA最初の年の2014年に投資した分は昨年(2018年)が預けられる最後の年でした。
相場の良かった年初に売却できたら最高。
年末までズルズル持っていたら残念!
NISAは利益に課税される税金を納めなくても良い仕組みですけど損失を出したら意味がありません。

個人的には昨年のNISA枠120万円は年初に全部使って高値つかみとなリました。
先は読めませんね。
多くの個人投資家が推奨する長期・積立・分散の基本に従い今年から楽天証券のつみたてNISAに乗り換えました。
昨年から始まったつみたてNISAは年間40万円枠で最大20年間運用できます。
世の中の動きに一喜一憂することなく(少しはするけど)やりたいと思います。

楽天証券は楽天カード払いができ、更に付与される楽天ポイントを投資に回すことができます。
ネット通販利用はアマゾン派ですが、金融系は楽天ポイントを軸に楽天無しには成り立ちません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です