スマホはライフログの救世主


記録すること、ログを残すことは大切です。
現状把握になくてはならないものとは分かっていても長続きしませんでした。
家計簿、日記、などなど
思い立って紙の媒体を購入したりしてもいつしか忘れてしまうのが常でした。
それを劇的に変えたのが身近にある入力装置としてのスマホ(iPhone)です。
ディジタルデータは有効活用が容易なので一石二鳥どころではありません。

いまではライフログとしていろんな事柄を記録するようになリました。
例えば、大切なお金の出入りは家計簿アプリのZaimに記録しています。
後々の検索や集計用にいろいろな工夫を試み中。
最近記録し始めたのが健康管理に欠かせないバイタル・データです。
アプリのヘルスケアに記録するとサードパーティ系アプリ連携が期待できます。
いずれも貯め込まず直ぐに記録してしまう事が長続きするコツかな。

それ用に手首で測る血圧計(Panasonic EW-BW13-W)を入手しました。
上腕で測るタイプに比べて簡単なのが良いです。
結果をメモリ保存すると、保存データを基に平均値が表示されますが使っていません。
ヘルスケアに記録するため必要ありません。
殆どの同様な製品に測定日時がなく時間軸が分からないのが難点。
血圧は一日の中で変動するするため、毎日定時に測定できるなら充分な機能ですけど。

スマホ(iPhone)は自分のライフログを残すための救世主です。
また、バイタル・データを自動記録する仕組みやアカウントアグリケーションで金融データを自動取得する家計簿ソフトも併用すると相乗効果が期待できます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です