当ブログのアクセス解析結果、その傾向に変化が(2019-02)


ブログ開設(2010年10月)した翌月から愛用しているアクセス解析ツールです。
このアクセス解析研究所(前身はqlook)とGoogleアナリティクスを併用しています。
前者はクッキーを利用して同じビジターの再訪履歴等を分析できるなど拙ブログのような小規模なサイトに適しているかな。

上の棒グラフの横軸(月)は西暦年(2019など)表示の中心からその年がはじまり、オレンジ色が今月(2月)になります。
縦軸はセッション/ページビューを表しており、積み重ねではなくてそれぞれの起点のゼロは同一点です。

ビジット≦セッション≦ページビュー
の関係があります。

[ビジット]
1人につき1日1回しかカウントされない値。「ユニーク」と呼ばれることもある。
[セッション]
1回の訪問を意味する。1人のビジターの30分以上の間隔をあけない一連のアクセス。
[ページビュー]
ページが表示されるたびに1回ずつカウントされる値。

これまで解析結果に年間を通した大きな傾向がありました。
夏場に高い値となり、冬場は低い値。

理由は簡単です。
ブログを始めたのが少年野球がきっかけだったからです。
なお、少年野球・中学野球・高校野球と順次立ち上げた関連するミニサイト(勝手サイト)へのアクセスも合算しています。
一日あたり1人が何度もアクセスして複数のページを巡回するお馴染みさんが多かったのです。
それも卒業で終了!
現在は情報更新に難があるのでミニサイトは閉鎖してしまいました。

あれ?
今月(2月)は冬場なのに歴代2位を記録するビジット数です。
しかも、初回アクセスが大多数。
実世界では一見さん(いちげんさん)のことですね。
最初の(ランディング)ページから直ぐ離脱は嬉しくありません。
次の傾向があります。

ビジット≒セッション≒ページビュー

検索サイトからの流入のようです。
Google仕様変更で検索キーワード把握が難しくなりましたが、アクセスされる記事から想定できます。
サイドバーに表示している「人気記事の一覧(1年以内)」がページビューに連動しています。

頂いたコメントなどを考慮して追記・修正を逐次実施しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です