お花見シーズンとiPhoneウィジット(2019-03)


今日(03/29)は年度末の金曜日です。

今月は既にモバイルデータ通信の契約データ量(高速通信分)を使い切ってしまいました。
IIJmioファミリーシェア・プランを契約中で、浪費に走った端末がありました。
解き放たれて自由人を満喫中!
端末個別の規制をすり抜けているのでシェア端末全体が低速通信に移行します。

さて、時は花見のシーズンです。
気になるのは天気、夜の気温。
お天気アプリは必須アイテムとなります。

iPhoneの画面を左へスワイプしていくと、ウィジットがあります。
色々試しましたが、ウェザーニュースの「天気と気温」と「Yahoo!ニュース」に落ち着いています。
前者は気温の今後の予想(実線)と24時間前の実績(破線)を比較できるのがお気に入りです。

お酒は楽しく飲まれることなく。
これは自分への戒めなり。

スポンサーリンク

改元しても改められないCOBOL(2019-03)


4月1日の昼には新しい元号が発表されます。
いよいよ、5月1日から新元号に。
和暦の使用が義務付けられているものもあるので、西暦との読み替えが更に面倒くさくなりそうです。

この改元や秋の消費税率変更は世の情報システム関係者にとっては試練となるでしょう。
改修作業やテストが山ほど。
想像するだけで目眩がします。
もちろん、比較的新しいものはそれを考慮したつくりかと。

ネットニュースを眺めていて、COBOLが還暦を迎えた事を知りました。
COBOLって何?と思う人も多かろうと思います。
メインフレームで動くシステム開発言語の事。
私も開発現場にいた頃に使っていました。
長い歴史があるので、開発標準やツールが整っていて安定した運用実績があります。

そのためか、リプレースできずに今に至っているものも多いようです。
人材のこれからを思えば悩ましい現実があります。
新旧両方に精通している必要があるのに間もなく旧を知る世代が一線を退く時がやってきます。
開発環境に流行り廃りはあれど、改められない事情が・・・

スポンサーリンク

あれ?SUGOCAにオートチャージされない!


QR/バーコードで支払うスマホ決済の還元キャンペーンで遠のいた人もいるだろうICカードです。
Edy/WAON/交通系ICカード等々。
殆どが前払い方式なので事前の残高チャージが必要です。
判定金額以下になったら設定金額をチャージするオートチャージが便利で利用しています。
条件を満たせば、レジで支払うタイミングや駅の改札を通過するタイミングでチャージされます。

スマホ決済を使うようになってICカードのチャージ金額を最小限に抑えているこの頃。
しかし、鉄道やバスを使うなら交通系ICカードは必須アイテムです。
常用しているSUGOCAへのオートチャージはJR九州と北九州モノレールの駅自動改札通過時となります。
暫くは九州域外で使用する機会が増えそうなのでチャージ金額を変更しなくては。

あれ?
自動改札を通過した際、判定金額以下になったのにチャージされない。
何かの間違いだろうか。

再確認すると。
端末の操作パネルでは上から、オートチャージ金額→判定金額の順です。
頭の中のフローは逆!
これまで、他のICカードも含めて両金額を同じにしているので全く気付きませんでした。
こちらが世の常識だろうか、良く観察しなくては。

ところで、域外や街中で残高不足になっても大丈夫。
セブン銀行ATMを使って現金チャージできます。
もちろん、クレカのポイント付与は無いです。

スポンサーリンク

新生活に向けた引っ越し準備の真っ最中(2019-03)



(フレスポ鳥栖)

そもそも転勤族だったのですが、長いこと引っ越したことがありません。
そのため新生活の引っ越し準備の要領が掴めずズルズル。
持って行く荷物が揃っているなら運送会社を探せば踏み出せそうです。

家具や家電製品を揃えるところからなので選択肢がたくさんあり過ぎて・・・
大学生協のカタログからチョイスして注文すれば簡単そうです。
しかし、拘りだけは一人前だからなあ。

幸い全国チェーンのニトリとヤマダ電機が引っ越し先の近くにもあることが分かりました。
地元店で購入して現地店から配送して貰える?

大きな商品(ベッド、洗濯機、冷蔵庫など)は現地の店舗から配送のようです。
持ち帰り商品は現地または地元の店舗から宅配便で発送とか。
現地店へ受け取りに行くことも可能です。
シーズン中なので配送料が無料や割安に設定されているもよう。

入荷時期がバラバラで荷物受け取りのためのスケジュール調整が必要ですな。

スポンサーリンク

春季大会(2019)の1回戦、鳥栖高校野球部


今日(3/23)はセンバツ高校野球開幕の日。
ローカル話で、鳥栖市民球場まで春季大会(九州高校野球佐賀大会)の鳥栖高校野球部を応援にやって来ました。
今年初めての公式戦は如何に。

球場に着いた時は試合中盤です。
まだ[0-0]のまま。
試合が動いたのは8回の表、2点のリードを許します。
その裏、二死満塁。
打球はファーストへ高いフライとなります。
神風か!
同点に追い付きます。
その後は両チーム追加点なく、延長戦へ。

延長11回裏にタイムリーが飛び出します。
サヨナラゲーム(2-3×)で幕となりました。

鳥栖高校、2回戦も期待しています。

スポンサーリンク