Tポイント統合(移行)が面倒くさい、改善余地あり


ツタヤでレンタルが主目的だったTカード

以前はよく利用したツタヤのコミックやDVDのレンタルです。
近頃はその機会が殆どなくなりました。
ある店舗でレンタル会員登録していたところ別の店舗で登録できずに困ったことがあります。
名前や電話番号で名寄せして何らかのガードが働いていたのでしょう。

Tポイント目的にシフトしたTカード

今ではもっぱら共通ポイントのTポイントガードとして使っています。
新しいカードを入手する都度、乗り換えて使っていました。
ファミマTカードが長い間その座あります。
公共料金などのコンビニ払いに使えるクレカとして重宝します。
レンタル会員登録もこれです(年会費無料)。

PayPayのキャンペーン第二弾で変化

スマホ決済PayPayのキャンペーン第二弾で変わりました。
20%キャッシュバックは残高払いに限定され、ヤフージャパンカードは19%(Tポイントを考慮して20%)で、その他のクレカは10%に改悪されたのです。

これはヤフージャパンカードを選ぶしかありません。
ヤフーIDに紐付くT会員登録をこちらへ変更して、ファミマTカードのポイントも移行しました。
コンビニでのクレカ払いとツタヤレンタル会員の用途で残しておきます。

今後もTポイント移行作業が必要

複数のTカードのポイントが統合された分けではありません。
移行元及び移行先のT会員番号を入力して移行手続きしなくては。
本人確認は登録した電話から指定の番号へ発信することで完結します。
期間限定ポイントも移行対象ですが、移行手続きは月3回までの制限があるもよう。
慣れでしょうが面倒です。
必然的にサブカードの使用は遠のいてしまいます。

どうしてこんな仕組みなのだろう

同じく共通ポイントの楽天スーパーポイントは15枚まで同じ会員登録に紐付けられるのに・・・
提携企業との連携に絡む技術的な問題なのでしょうか。
ポイント失効を意図的に狙っているとは思いたくありません。
改善余地があります。

スポンサーリンク