停電事件勃発?問題解決方法を学習か


5月も終わります。
4月から新生活を始めた人は日常が板に付いてきた頃かな。

そんなとき、事件が・・・
アパートに帰ったら電気がつかないと、連絡がきました。
朝出かける時は問題なく、室内のブレーカーも大丈夫。共用の照明はついている。
料金滞納はない。
管理会社へ電話して情報収集をすることから始めなくてはと、アドバイス。

その後、出かける予定があったようで、私が事件の顛末を知ったのは翌朝です。
昼間、電力会社が工事の後にブレーカーを入れ忘れて通電してなかったもよう。
アパートの分電盤の構成は不明ですが、影響範囲はどの程度だったのでしょうか。

お粗末な工事に振り回されたけど問題が起きたときの対処を学習できて良しとするか。
猛暑での冷蔵庫の中身は?
WiFiが使えないからモバイル回線使ってるぞ!
予約した録画ができなかった等が気になる。

工事とは政府の計画を前倒しで電力会社が実施している電力量計をスマートメーターへ交換する工事あたりでしょうか。
スマートメーターは電力小売会社を既存の電力会社から変更する際には必須です。
検針のため現地に出向く必要がなくなり、詳細なデータを収集できるようになります。
数年以内に全てスマートメーターに取り替えられるそうです。
この収集データも適正に管理してもらわないとね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です