私用に私用メルアドを使わない不思議?


リタイヤ後の年金うんぬんが続いています。
日本の年金は賦課方式なので少子高齢化が進行する今後はますます大変そう。
終身雇用が当たり前と思っていた世代としてはとうとう来たか、です。

私は同期入社の仲間ではそのまま残っている数少ないひとりです。
それでも経営形態が変わったり、数多くに分社してしまい何屋なんだろうと思うことが度々です。

転職、関連会社へ転出、リタイヤなど送別会の声がかかるときの話です。
同窓会をやりたい世代でもあるようです。

その連絡手段(eメール)に違和感があります。
私以外、ほぼ全員会社メールアドレスを使っているからです。
日頃名刺も使わないので尚更。
どこまで所属意識が続いている?

ディジタル・ネイティブの世代には理解できない話ですが、メールはもちろん携帯も存在しない頃の仲間ですからね。
困ったことに所属が変わったりでメールが届かなくなり連絡できない人が何人もいます。
携帯キャリアメールはキャリアチェンジすると同様なので、何れかのSNSのグループ機能を使えば簡単だと思うが・・・
こちらの方が気楽なんですけどね。
意図的に連絡を絶ちたい(ひきこもりたい?)ことが無きにしもあらんか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です