第101回全国高校野球選手権佐賀大会、2年ぶり決勝進出の鳥栖高校



(西日本新聞佐賀版7/24)

昨日(7/23)は2019年選手権佐賀大会の準決勝でした。
鳥栖は2年ぶり、佐賀北は5年ぶりの決勝進出です。

(延長10回表、鳥栖の攻撃)
8番木原、レフト前安打
9番堀江、送りバント
1番河本、三振(二走木原の三盗は新聞写真)
<2死三塁>
2番村山、センターオーバー適時打(三塁打)で勝ち越し決勝点

投げては寺澤投手の10回完投。

良い試合でした。
明日(7/25)の決勝が楽しみです。
鳥栖の3年生は決勝戦の結果(勝敗)が雲泥の差となることを知っています。
緊張するな、とは無理な注文。
全員野球で楽しんで貰いたいものです。

あと1回、みどりの森で校歌を聴きたい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です