防災用に購入したポータブルラジオで記憶を懐かしむ



YOREK FM/AMラジオ(YK902)

日常ではテレビやラジオはもちろんのこと、ネットに繋がるディバイスから容易に情報を入手できる現代です。
しかし、何れも電源が無ければ使えない弱点があります。

そんな分けで防災用に単3乾電池で動作するポータブルラジオを手に入れたのです。
昔を思い出してハマってしまいました。

AM/FM(ワイドFMも)のバンドに対応しています。
夜間のAMは出力の大きいNHK第1のみ使える感じ。
福岡の場合、民放局KBCやRKBは使いものにならないですね。
AM放送で使用する中波は夜になると上空の電離層の変化で遠くまで届くようになります。
海外からも際限なく飛び込んできて埋もれてしまうからです。
今ではワイドFM(補完FM局)が聴けるので大丈夫です。
これはテレビの地上波アナログ放送VHF1〜3chの音声で使っていた周波数帯。
以前にも同帯域FM波を受信できるラジオがありました。
それでもワイドFM受信機として代用できるはず。

アマゾンのマーケットプレイスには「すぐ壊れた」「作りが雑」などのコメントが付いていた中華製です。
安かろ・悪かろと期待はしていませんでした。
プライム会員は送料無料だし、割引クーポンもあったので迷わず購入。
ひと通り動作確認しましたが、問題はありません。
作りはまずまず、後はどれだけもつか?
怪しげな日本語マニュアルが外国製であることを物語ります。
機械的な翻訳でしょうか。
その読解も楽しくもあります。

情報過疎の時代ならではでしょう。
かつては無線通信に興味を持ったことがありました。
しかし、一時期ブームだったアマチュア無線には馴染めませんでした。
仕事で関連する資格を取得した際、ついでに購入した無線通信機器はいつしか不燃ゴミと化しました。
近所には大きなアンテナを設置しているお宅もあります。
多分、オールドファン・・・

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です