消費税アップを機にドラッグストアのドラモリとコスモスはどっちへ向かう?


更新:2019-10-16

ドラッグストアの全国レベルより身近な話題

ドラッグストアの全国レベルの話題はマツモトキヨシとココカラファインの経営統合の成り行きでしょうか。
縮小する市場を生き抜くには規模が必要?
残念ながら2社とも身近に店舗がないのでピンときません。

生活圏には九州が地元のドラッグストアがあり良く利用します。
似通ったドラッグストア モリとディスカウント ドラッグコスモスが至近距離に立地しておりどっちにしようか迷うことがあります。

端から見て大きな違いは支払い方法とポイントカードでしょうか。
知っている限りではドラモリはクレジットカードが使用でき、現金払い専用のポイントカードがあり、月末に行われる抽選会の抽選券が配布されます。
惹かれる人も多いはず。
一方、コスモスは現金のみでポイントカード類は一切ありません。

消費税増税後はどうなる?

2019年10月からの消費税率アップへの取り組みが気になります。
消費者還元事業はキャッシュレス決済が条件になります。
先日、ドラモリで初めてクレカ払い(ポイント付与は税込額の1%)しました。
もちろん現金専用ポイントカード(税抜200円で2ポイント付与)は使えませんが、抽選券は頂きます。
多分、抽選結果はポケットティッシュ?
レジに新たな決済端末が設置されていることに気付きました。
まだ稼働していないようですがタッチ決済のマークが付いてたような。

以前、ドラモリにはVISA Touch端末がありました。
今の世界中で使えるVISAのタッチ決済とは別物です。
ドラモリを含めて使っている人を見たことはありません。
ニコスのSmartPlusをベースにした日本独自仕様のVISA Touchの認知度は残念な結果になりました。
今後は訪日客を取込む方向へ向かうならガラパゴス仕様より国際標準ですね。

「ドラッグストア モリ」全店で「ビザ タッチ」を採用(2006-11-29)

追記(2019-10-05)
ついに消費税が増税されました。
先日からこのエントリーへのアクセスが急増したのもそれが影響しているのでしょう。
流入元は検索サイトからが殆どとなります。
現在はGoogleやYahoo!に入力された検索キーワードを捕捉できないので目的に合った内容か否かは分かりません。

キャッシュレス決済や消費者還元事業に関心があります。
件のコスモスは現金のみ支払い可能の方針は変更ありません。
ドラモリのクレジットカード以外のキャッシュレス決済、最寄り店舗レジに「10月16日から電子マネー」が使える旨の表示が見られます。
具体的な決済手段は?

キャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗になるには業種別に資本金と従業員数の基準がある等複雑な条件があります。
コスモス(資本金41億円超)はキャッシュレス決済ができないので門前払いとなります。
一方、ドラモリの資本金は3,000万円のようなので行けそうな感じです。
今後の予定は分かりませんが現時点では対象店舗にはなっていません。

対象店舗は経済産業省系の「ポイント還元対象店舗検索アプリ」で探せます。
同アプリや経済産業省Webサイトにある対象店舗リストのデータも完全では無いようなので実店舗で確認でしょうか。

追記(2019-10-16)

未対応店舗もあるようですが、ドラモリのキャッシュレス決済は電子マネー決済対応が始まったようです。
QRコード決済や消費者還元事業には対応していないもよう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です