イオン系での消費者還元事業ではWAON POINTの行方が気になります(2019-09)


分かり難いイオンのポイント

身近なイオン系の店舗で買いものするとき、WAON一体型イオンカードを手にする事が多くあります。
紐付いたポイントは「ときめきポイント」「WAONポイント」「WAON POINT」となります。
漠然と何らかのポイントが付いているんだろうなと思っている人は多いはず。

イオンのFAQを見ても分かり難い。

買い物をしたが、何のポイントがたまったのか分からない場合について。 (ときめきポイント、電子マネーWAONポイント、WAON POINT)

肝腎なことはポイントの使い方(出口戦略)です。
1,000ポイントからになる「ときめきポイント」は使い難い部類です。
次の誕生月に有効期限が到来するポイントがあるかも。
最近、200円(税込)で2ポイント付与に変わりました。
1,000ポイントは単純に考えて10万円ですか。
WAON支払いで付与されるWAONポイントも200円(税込)で2ポイントに変わりました。
こちらはWAON POINTと同じく1ポイントから電子マネーWAONにチャージできるので助かります。

キャッシュレス・消費者還元事業ではどうなる?

プリペイドカードは整理している(残高を最小限に)ので、WAONの還元キャンペーンが無ければ支払いは交通系ICのSuicaにします。
チャージの際にクレカのポイントが付与されますが、決済時の付与はありません。
これではキャッシュレス・消費者還元事業のポイント還元は受けられそうにありません。

2016年6月から共通ポイント(?)として始まったWAON POINTはイオンモールなど加盟店での商品券や現金払いにもポイントを付与されると説明されています。
イオンカードや電子マネーWAONでの支払いは前述FAQのとおり。
最近、気付いたことがあります。
WAON以外の電子マネーやイオン以外のクレジットカードで決済したら、200円(税込?)で1ポイント貰えるではありませんか。
キャッシュレスが必須条件の同還元事業を考慮してのルール変更でしょうか。
WAON POINTにポイント還元されるなら嬉しい。
もちろんWAON POINT加盟店に消費者還元事業対象店舗があるのが前提ですけど。
そもそもキャッレス決済が対象外の共通ポイントなんてあり得ない話。
多くのアフリエイターのブログには「新規のイオンカードで20%キャッシュバック」の還元キャンペーンの文字が躍っています。
想像している戦略に出るのか?

暫くは混乱しそうです。

スポンサーリンク