d払いは一抜けか、還元プログラム改悪予定


共通ポイントとしては後発のドコモdポイントです。
提携先がそれなりに増えてきたので重宝しています。
QRコード決済のd払いもdポイントへのポイント還元や決済へのポイント充当も使い易い部類だと思います。
還元ポイントは「期間・用途限定」なのでポイント投資に使えないのが残念です。

昨日届いたドコモからのメールで今後の利用を再検討することにしました。

スーパー還元プログラムは2019年11月10日(日)より、以下が変更となります。
■d払い
<対象外となるお買い物>
d払いのお支払い方法がdカード以外のクレジットカードでのお支払いの場合、還元対象外となります。

ドコモユーザーなら必携のdカードは所有していないし、今後の予定もありません。
d払いはdポイント消化目的の決済手段となるかな。

自陣営への囲い込みは業界の当然の流れのようです。
PayPayもヤフージャパンカード以外は特典が無くなりました。
幸い同カードの他、住信SBIネット銀行やSBI証券で取り込まれているので今後もメインで使います。
ソフトバンク・ユーザーならもっと恩恵を受けられますけど。
今後、楽天ペイも楽天カード以外は冷遇されるかな。
楽天カードはもちろん、楽天銀行/楽天証券も欠かせない存在なので楽天ペイもキープします。
楽天モバイルが自前回線でのサービスを開始したら次の波が来るかも。

自陣営のモバイルユーザーを優遇しながらも裾野は広げたい思惑が見えます。
現時点ではIIJ(MVNO)から乗り換える予定はありません。

スポンサーリンク