文科省とベネッセ、どっちを見ているんだろう


いつの間にかダイレクトメールが届くようになって購読していた「こどもちゃれんじ」「いぬのきもち」「たま/ひよクラブ」「進研ゼミ」・・・
随分お世話になった人も多いと思います。

過日の文科相の「身の丈」発言に端を発したポスト大学入試センター試験の共通新テストの英語に限った民間活用は見直しを迫られました。
出てくるニュースから文科省とベネッセの密月ぶりが見えてきます。
しかし、

共通テスト、文科省がベネッセに抗議へ「中立性に疑念」“ ヤフーニュース(2019-11-21)

雲行きが怪しくなりつつあります。
災難なのはいつも受験生。
「桜」も大事かも知れませんが、課題は山積み。
もろもろフェアな仕組みをお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です