大手証券のコンサル口座は鴨ネギ状態だった


昨年(2019年)の市場は好調

昨年(2019年)の株式市場は好調でした。
老後資金2,000万円不足の話題が貯蓄から投資へと駆り立てたのでしょうか。
その考え方は良いことだと思います。
証券会社等が開催するミナーも大盛況。

個人的には随分前に関心を持ち、いろいろ試したことがありました。
出口戦略を考えていなかったこともあり、放置した結果は含み損の塩漬けだらけ。
現在は長期・積立・分散が自分に合っていると分かってきました。
まずはつみたてNISAやiDeCoを検討したい。

対面の証券会社か、ネット証券か

証券口座は「情」に流されない「理」で使えるネット口座がお勧めです。
途中からコンサル口座に変更した大手証券は鬼門でした。
昨年、やっとネット口座へ切り替えてIPO(新規公開株)用にしています。
主幹事証券会社になることが多いので使えます。
コンサル口座のときは旨い話の電話がたびたび。
「電話でお金の話」はアポ電、詐欺、受け手の得な話はありません。
情報弱者は搾取されます。

馬鹿にならない手数料

例えば、一時期大量のCMが流れたファンドラップは顧客が損する仕組みではなかろうかと。

系列会社のファンド(投資信託)を組み合わせてファンドラップ口座を構成します。
リスクを大きく取りたくないと債権が主になり、利回りが期待できません。
高いファンドの信託報酬及びファンドラップフィーは確実に徴収され、含み損状態が続きます。
含み損を抱えると心理的に損切りできないし、取り戻そうとすれば深みに誘導されるのです。
高額の宣伝料を回収しなくてはなりません。

同じお任せ(投資一任契約)するならロボットアドバイザーのWealthNaviやTHEOを選びたい。

今年も好調な市場のおかげさまで、塩漬けだった分も回復基調にあります。
しっかり出口戦略を考えるときか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です