ネットを使った個人間の売買、仲介する事業者を良く知らねば


アマゾンのマーケットプレイスで購入した商品が到着予定日を過ぎているのに届かないと相談を受けました。
配送に関するデータがアマゾンのサイトに登録されていないようなので、出品者へ連絡することから始めなくては。
マーケットプレイス保証まで進む前に解決すれば良いけど。

個人的にはマーケットプレイスを利用する場合、なるべくプライム特典が使える在庫管理や発送をアマゾンで行う方式を選んでいます。
トラブル解決が早いのでお気に入りです。

最近、ネットを使った個人間の売買・フリマアプリmercariに絡む詐欺が話題です。
メルカリはメルペイしか使ったことがないので、後発のPayPayフリマも含めフリマアプリから足が遠のきそうです。

[詐欺の概要]
悪意の出品者が売ろうとするのは自分で所有しているものではありません。
落札を受けたらアマゾン等へ注文して落札者の住所へ商品を発送します。
その支払いにPaidyを利用。
Paidyは後払いで、請求は注文した出品者へ送られます。
Paidyに登録されているのは電話番号とメールアドレスのみ。
名前、住所、生年月日も伝えず、身分証明書の提示もありません。
無視することでPaidyは代金を回収できなくなり、Paidyの加盟店から得たメルカリの落札者の情報の住所へ送付するのです。
悪意の出品者は購入者からの代金を無償で手に入れることができます。

購入者は既にメルカリへ代金を支払っているため、二重請求されています。
購入者はPaidyとの契約関係はないので支払う必要はありません。
支払わないとブラックリストに載るなんて誤った情報もあるので良い気持ちはしません。
心当たりのない発送元(アマゾン等)からの荷物を受け取り拒否すれば良いとアドバイスがあります。
これも家族が受け取ったりするので無理があります。

現在はPaidy利用制限されているようですが、手続きを簡素化して追い付こうとした後発のPaidyの甘さを突かれた状況ですかね。
起こりうる詐欺事案など、仲介する事業者の対応を注意深くみたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です