今さらKyashカード、早く使えば良かった


新Kyash Cardリリースまでのリアルカードお試し

ポイントに詳しいブロガーさんに取り上げられることが多いKyashカードです。
ポイントの二重取り、三重取りもできて高還元率が評価されていました。
昨年10月、残高還元からポイント還元へ移行、その還元率が激減(リアルカードで2%→1%)して残念な話題が多く流れました。

個人的には新Kyash Cardの仕様を見て使いたくなりました。
ICチップが付いたリアルカードでサインの他、暗証番号入力で決済できます。
非接触決済のVISAタッチ(NFC Pay)はこれから必須の機能か。

2020年始めに登場とニュースリリースされていましたが、既にひと月過ぎます。
今後KyashリアルカードはLiteに名称変更され発行/更新は有料となりますが、今なら無料。
使い勝手を試してみようとリアルカードを申し込みました。

プリペイドのリアルカードはお手軽

プリペイド式VISAなので本人認証の必要も無く1週間後、普通郵便で届きました。
お手軽にVISAカードが使えます。

ポイント還元率以外、個人的に有難いのは
①常時はカードをロックしておける。
スポット利用する時だけ有効に。
②利用時の即時通知やいつでも履歴の確認ができる。
支払いは残高の他、クレジットカードから自動チャージにより可能です。
PayPayや楽天ペイのクレジットカード決済と同じお金の流れ。
チャージ元のクレカの履歴反映は早くても数日後に確認となります。
加盟店からの請求タイミングによっては月単位で遅れます。

店頭ではプラスチックのカードを使い決済処理し、スマホでコントロールできる点がお気に入りです。
もっと早く使えば良かった。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です