スマホを場所取りグッズとして置いとくなんて


場所取りに最適なアイテムか

先日、場所取りのため置かれていたものを見て驚いたのでメモ。
それはスマートフォンでした。
個人を特定し、主張するには適しているかも知れません。
大前提として「誰も持ち去らない」だろうとした仮説があります。
平和と言われるこの日本国内でも私はしません。

紛失したら怖い

一作目が大ヒット、続編が間もなく公開される映画「スマホ落としただけなのに」シリーズ。
この映画は観ませんが個人情報の詰まったスマートフォンを紛失したら考えただけでも大変です。
それが他人へ渡って情報漏洩による恐怖ミステリーに。

少し考えただけでも、セキュリティーのガードが及ばないものに、SIMカードやモバイルSuica(プリペイドチャージ額)があります。

日常生活に支障がありそう

皆が悪意あるとは限りません。
しかし、自身の日常生活に支障が生じます。
手元にスマホが無いと各種連絡手段が失われる事はもちろんです。
次に困るのはサイバー犯罪対策で導入することが多い二段階認証にはスマホが必要不可欠なこと。
メール、SMS、認証アプリ等が使えないと大変な事が想像できます。

余談ですが、この二段階認証を破るツールが出回っているような情報も。
新たな対策を講じる必要もありそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です