まさに非常事態、見えない敵に備えなくては


時間差出勤やテレワークでいつもの電車は空いている感じです。
明日にでも出そうな非常事態宣言。
福岡県も含まれそうなニュースもあります。
どうなってしまうのか。

在宅勤務を推奨されているので今日は久々の出勤になります。
いつまで続くか、出口の見えないトンネルは不安です。
定期券を継続購入したばかりなので何だかね。
事業継続は大切だけど安全安心に優先するものはないから。

スポンサーリンク

令和元年度最後の日、一年前と一年後


令和元年度も最後の一日となりました。
この新元号が発表されたのが昨年の4月1日。
令和に慣れたと云うより、西暦で表現することが普通になって来ました。
過去や未来の日付と比較するときの計算し易さがあります。

もちろん世界中がコロナウイルスで大変な今を一年前は想像すらできませんでした。
春と云えば桜、花見も例年のように大騒ぎすることは叶いません。

一年後は延期された東京オリンピック・パラリンピックのカウントダウンで沸いていることを願うばかりです。

スポンサーリンク

シーリングライトに交換しようとしたらローゼットが付いてない


和室の蛍光灯の点灯切換えスイッチに繋がるヒモが付け根から切れてしまいました。
引く度に全灯→半灯→常夜灯→消灯と切り替わります。
これまでも延長ヒモ部分は切れる都度に繋ぎ直してきました。
今回は修復不能。
運よく全灯の状態でヒモは切れていたので助かりました。

シーリングライト(LED)に取り換えることにします。
LEDランプは10年間大丈夫とのこと。
蛍光灯のランプ交換を考慮すればお安いかも。

しかし、良く見ると引掛けシーリングローゼットが付いていません。
照明器具に直接配線されています。
シーリングライトを購入した店舗には角形ローゼットしか置いてないのでそれにします。
滅多にならない作業なので配線の被覆の色を確認しておきます。
接地側は白です(黒と勘違いしてました)。

簡単な作業ではありますが、電気火災などの要因になるので要注意。
なお、電気工事士法では無資格での作業を禁止しています。

スポンサーリンク

JRキューポアプリを使ってみた


JR九州のJQカードやSUGOCA等で貯まるポイント、JRキューポのアプリがリリースされました。
既に提供済みのJR九州アプリでもカード登録やポイント残高の確認、ポイント移行等は可能でした。
新たに追加されたのは同グループ会社での支払い時にアプリ内のQRコードを提示すると金額に応じたJRキューポが貰えるというもの。
年間のポイント獲得数に応じた会員ランクによってはクーポンもあるみたいです。

身近なところではドラッグイレブン、シアトルベストコーヒーくらいでしょうか。
期限付き、初回のみ100ポイント頂けるクーポンがあります。

近くのドライレでお茶を買うときに使うことにします。
支払いはSUGOCAではなくモバイルSuicaで。
袋は要らないのでTポイントカードを出してエコポイント(1ポイント)をしっかり頂きます。
ここで、件の初回限定クーポンのQRコードを提示。
専用のタブレットを取り出した店員さん、操作手順が分からない?
お客の少ない頃合を見計らったつもりでしたが、後ろの行列が気になり出します。
選手交代で何とか貰うことができたポイント。

また、ドラッグイレブンは幾つかのQRコード決済に対応していますが、ユーザースキャンなので金額入力や確認の手間を考えて使わなくなりました。
行列ができるレジでは非接触決済を最優先にしてます。

スポンサーリンク

自分のために使いたいビッグデータ?


私たちの行動履歴や購買履歴はビッグデータとして知らないうちに活用されています。
防犯カメラや車載ドライブレコーダーが犯人逮捕の決め手になったというニュースは珍しくありません。

利用目的によっては怖い話です。
コロナウイルス感染者の行動履歴が公開された韓国では利用した映画館の座席まで明らかにされました。
中国では画像認証により個人の行動は筒抜けのようです。
キャッシュレス化が叫ばれる現在、個人情報を採られたくないから現金払いのみと言う人がいます。
山奥や孤島でひとり暮らしでもしない限り足取りは把握されていると考えた方がショックは少ないかも。

もちろん私も監視されることは望みません。
しかし、自分自身のための行動履歴や購買履歴(家計簿)を活用するメリットは大です。
これらのログは曖昧な記憶とは比較になりません。

スポンサーリンク