「カネオクレ タノム」とかな入力の小話


レガシーなメディア・電報の小話

投稿タイトルはレガシーなメディアである電報の有名な小話から。

携帯・スマホはもちろん固定電話も普及していない頃は電報が急ぎの伝達手段となります。
電話の普及で需要が激減、ヤミ金の督促に使われたりしました。
今では殆ど慶弔用途として漢字かな交じり文で受け取るので、知らない人には想像できないでしょうか。

投稿タイトルを漢字かな交じりに書き直すと、「金送れ 頼む」となります。
仕送り要請電報を受け取った親御さん(多分?)は「カネオクレタ ノム(金をくれた 飲む)」と解釈し、「ダレガクレタカ ノムナ(誰がくれたか 飲むな)」と返信したそうです。

近頃の消息を知る手段

今も電報がLINEになっただけで金欠になった時だけ・・・は変わらぬもよう。
10月は後期授業料の支払いもあるし、困った。

さだ まさしの歌に子どもの消息を思う歌詞「元気でいるか・・・」がありますが、今はスマホの日々のモバイル通信・パケット量が増減することで外へ出ていることを知ります。

少数派?かな入力の小話

私は日本語をかな入力しているので気になったことがあります。
カタカナのみの電報の時代、キーボードのカナの配置はJIS配列とは異なり独自仕様だったそうで、それを覚えた彼らにはJIS配列かなは難題です。
“英数”と”かな”が同じキーに割り当てられていても全く問題ないですけどね。
必然的にローマ字入力になりそう。

ある文字がどのキーかは指せますが、あるキーに割り当てられた英数カナが何かを即答できないのは私だけ?

スポンサーリンク

キャッシュレス・消費者還元事業の登録店舗数の記事を見たが



ポイント還元参加“西高東低” 訪日客誘致に熱心、節約志向も反映か(ヤフーニュース/SankeiBiz)

ネットニュースと新聞

良く見るネットニュースはヤフーニュースですかね。
翌朝配達される紙の新聞では既出記事として見ることが少なくありません。
それでも折り込みチラシを見たり、古新聞としての需要が残ります。
一方、ヤフーニュースはネット民のコメントが参考になります。
色んな見方があるもんだと感心します。
オリジナル記事を鵜呑みにしないためにも。

無意味な統計データ?

興味があったので、引用した記事はキャッシュレス・消費者還元事業に参加している人口1万人あたり店舗数がブロック別に算出してあります。
40を境に高い低いを色分けしているようですが、西高東低と論ずる程の差はありません。

コメントにあるように何故人口あたりなんだろう?
母数となる同事業対象の中小事業者あたりとしないと無意味なことが分かります。
そのデータが入手できなかったからでしょうか。

記事本文の有識者のコメントが取って付けたような。
そもそもポイント還元を受けるには決済事業者が登録されている必要があります。
訪日客の場合は使う決済手段が登録されているのは皆無でしょう。

スポンサーリンク

d払いは一抜けか、還元プログラム改悪予定


共通ポイントとしては後発のドコモdポイントです。
提携先がそれなりに増えてきたので重宝しています。
QRコード決済のd払いもdポイントへのポイント還元や決済へのポイント充当も使い易い部類だと思います。
還元ポイントは「期間・用途限定」なのでポイント投資に使えないのが残念です。

昨日届いたドコモからのメールで今後の利用を再検討することにしました。

スーパー還元プログラムは2019年11月10日(日)より、以下が変更となります。
■d払い
<対象外となるお買い物>
d払いのお支払い方法がdカード以外のクレジットカードでのお支払いの場合、還元対象外となります。

ドコモユーザーなら必携のdカードは所有していないし、今後の予定もありません。
d払いはdポイント消化目的の決済手段となるかな。

自陣営への囲い込みは業界の当然の流れのようです。
PayPayもヤフージャパンカード以外は特典が無くなりました。
幸い同カードの他、住信SBIネット銀行やSBI証券で取り込まれているので今後もメインで使います。
ソフトバンク・ユーザーならもっと恩恵を受けられますけど。
今後、楽天ペイも楽天カード以外は冷遇されるかな。
楽天カードはもちろん、楽天銀行/楽天証券も欠かせない存在なので楽天ペイもキープします。
楽天モバイルが自前回線でのサービスを開始したら次の波が来るかも。

自陣営のモバイルユーザーを優遇しながらも裾野は広げたい思惑が見えます。
現時点ではIIJ(MVNO)から乗り換える予定はありません。

スポンサーリンク

増税後の還元事業の混乱が落ち着くまでは買い控えようか


混乱する消費税増税後

消費税増税による混乱が報じられています。
新たに始まった軽減税率やキャッシュレス・消費者還元事業に対するものが予想通り。

税率が間違っていたり、システム更改が上手く行かず手作業に依らざるを得ないなどはやはり、と。
一方のキャッシュレス・消費者還元事業はトラブルのニュースでその仕組みを知るのは皮肉な話です。
加盟店になるには決済事業者経由で申請しなくてはならず、完了すれば還元率(5%又は2%)や還元対象の決済手段が記入されたポスターが送られてきます。
残念ながら、その手続きに多くの不備が発生しているもようです。
還元率が誤っていたり、申請した決済手段とは異なる内容だった・・・
街中では手書きで修正してあるポスターを見掛けました。
登録内容の訂正は決済事業者経由でないと受け付けられないので長引くでしょう。

対象店舗を検索するアプリやWebページの情報との不符号もあるようです。
実際の登録状況が疑わしいので還元されるか否か疑問が残ります。

増税後、結果的に値下げ

落ち着くまで暫くは控えることにします。
大手コンビニは後日のポイント還元ではなくて支払い額から(還元事業の原資を充当して)値引きする方法としています。
都ホテル博多の地下にオープンしたばかりのセブンイレブンで10月から使えるようになった楽天ペイ決済してみました。
軽減税率(8%)の商品を購入したら還元値引き分は増税前より安く買えたことになります。
一般論として事前に値上げしているケースが無いとは言えませんけど。

スポンサーリンク

博多駅筑紫口の景観が劇的に変わりました(2019-09)


つい先日、都ホテル博多がオープンして博多駅筑紫口の景観が一変しました。
滑り込みでラグビーワールドカップに間に合った感じ。

これまで博多駅筑紫口交差点ではこの区画のみ無かった地下鉄の出入口ができました。
歩車分離信号機なので信号待ちが長くタイミングによってはかなりのロスタイムが発生する交差点です。
今後は地下道経由で往来する選択肢が加わりました。
この出入口を利用する人が日に日に増えているように見受けられます。

また、地上の駐輪場が撤去され地下駐輪場へ移され回遊性が格段に良くなりました。

スポンサーリンク