ブログページ

メルカリ登録、電話番号が登録済み?で困った


今更な話です。
フリマアプリのメルカリを使ってみようと思います。
断捨離で捨てるには惜しいものがいろいろ。
アプリをダウンロードして会員登録へ進むと、あれ?
SMS認証のために携帯電話番号を入力したところ。
「この番号は登録済みです」と。

なりすまし?で盗用されたのだろうか。
登録したことを忘れているのかも。
記憶を探っても分かりません。

パスワードを忘れた場合から、幾つかのメールアドレスでパスワード・リセットを試みます。
リセット用メールは届きません。
未登録のメールアドレスを入力しても、安全のため未登録エラーとならない仕様のようです。
現在、電話番号によるリセットはできません。

事務局に確認してもらうしかないか。
電話番号とパスワードでログインを試みます。
あっさりログインできました。
数年前、メルカリが友だち招待クーポンをバンバン配布していた頃に登録したようです。

人の記憶はアテになりません。
思い出せないとストレスになります。
今では記憶ではなく記録するように(自分のみ分かる暗号化)しています。

ところで、登録済み家族名義の個人情報(氏名や生年月日)を訂正しようとしたところ・・・
2019年2月8日付、以下のニュースリリースがあります。
間に合ったようです。

***メルカリのニュース・リリース***

メルカリにご登録いただいている個人情報の変更手続きにおいて、不正対策の一環として、一部仕組みを変更することをお知らせいたします。

■変更日時
2月中旬以降、お使いのOSに応じて順次対応予定

■変更点
「本人情報」の氏名もしくは生年月日の情報を変更する際、本人確認書類の提出による本人確認の手続きが必要となります。

※「本人情報」とは「サイドメニュー>設定>本人情報」に入力されている内容を指します

「本人情報」の変更は、事務局による本人確認の審査終了後に反映されます。

******

スポンサーリンク

汎用性のないキャッシュレス決済より現金払い、バカにならない多種のプリペイド金額


小銭を持ち運ぶのが面倒なことからキャッシュレス生活を支持しています。
とは言え、田舎では現金払いでないと困ることが多々あります。

今秋の消費税アップによる景気減退対策としてポイント還元施策が予定されています。
その対象がキャッシュレス決済に限定されることから、正に雨後の竹の子。
導入が容易なQR/バーコード決済の新しい規格が乱立中です。

中国や韓国並みのキャッシュレス社会になるのでしょうか。
スマホに各々のアプリを入れてしまえば済みます。
支払いのための資金が問題。
事前にチャージするプリペイド方式と後払いのポストペイド方式があります。
少し前までメインで使っていたFelicia規格のEdyや交通系ICカード等はほぼ前者。
QR/バーコード決済は支払い方法を選択(前者か後者)できるものもあります。

数が多くなるとプリペイド金額はバカになりません。
残高は最小限で必要な都度チャージするか、後払いするようになりました。
携帯電話の普及で死蔵することになったテレホンカードを思い出します。

滅多に使わないキャッシュレス決済は捨てなくては。
例えば、社員食堂でしか使えない電子マネーが手元にあります。
並ぶのが嫌いで他の選択肢も多いことから徐々に利用しなくなりました。
現金からチャージするのが基本の電子マネーですが、以前は給与の一部からチャージされる仕組みがありました。
その廃止が決定的。
汎用性のない仕組みは淘汰されます。

スポンサーリンク

当たると嬉しい、PayPayやたら当たるくじ(2019-02)


PayPayの還元キャンペーン第二弾に参加してみました。
QR/バーコード決済の認知度を一気に高めた第一弾からすればインパクトが今ひとつな雰囲気です。

散歩の途中でおやつを買うお店は多様なキャッシュレス決済に対応しています。
そのときどきの還元キャンペーンで支払い方法を選んでいます。
楽天ペイで、と言うと。
LINE Payですか?
と聞かれたのは過去の話になりつつあります。

今回はPayPay残高で支払ったので10回に1回の確率で当たるとした「やたら当たるくじ」に当選したようです。
来月20日頃に残高ボーナスとして貰えるとか。
無料で買えた事になります。
PayPay支払いにYahoo! Japanカード以外のクレジットカードを使用すると同くじに参加できなかったり、キャンペーン還元率が10%になります。
自陣営への囲い込みは当然の流れですね。

今後は楽天ペイ支払いで楽天ポイントが充当できるように、PayPay支払いにTポイントが充当できたら嬉しい。
CCCとの関係次第でしょうか。

入力金額が化けてしまう、PayPay等スマホ決済iOSアプリに困った



(入力金額12345が誤表示される)

今日からスマホ決済のPayPay還元キャンペーン第二弾が始まります。

改善しないiOSアプリ不具合?で困ったことが。
ググっても話題になってないようなので端末固有の事象なのだろうか。
QR/バーコード決済の他のアプリLINE Payでも発生したので共通に使用するモジュールが原因では?

同決済には店舗側のスキャナーでQR/バーコードを読み取るストア・スキャン方式と利用者がQRコードを読み取るユーザー・スキャン方式があります。
後者はユーザーが金額を入力します。
ここで不具合です。
入力した金額と異なる金額が表示されます。
残高にチャージするために金額を入力しても発生する事象です。

上はそれを再現したものです。
現在の残高は8,165円。
例として12,345円チャージしようとしています。
上)123入力、3桁までは問題なし
中)1234入力、4桁で999円に変換される
下)12345入力、5桁以降はそのまま、9995円
10,000円をチャージする例も同様に
9990円と表示されてしまいます。

回避策を試しました。
iPhoneのキーボードにサードパーティ製ATOKを使っているのでデフォルトに切り替えてみます。
上手く行くこともありますが、ダメなときも多々あります。
また、アプリを再起動すると改善する場合も。
他のアプリで入力した数値(金額)をコピペしてみると問題なく表示されました。
最悪はこれで切り抜けるとしても、手間を要するユーザー・スキャンがさらに面倒になります。
抜本的な解決策が望まれます。

PayPayキャンペーン第二弾、いろいろな利用制限で長持ちするかも(2019-02)


昨年、世の中をお騒がせしたPayPayの還元キャンペーン第二弾が始まります。
後ろ盾のヤフーとソフトバンクの資金力は大したものです。

前回はお試しで1回だけ利用しました。
それで満足する質なので登録時に貰った500円分と還元された残高(PayPayボーナス)は未使用のままです。
「銀行口座に出金」を選んでも「準備中」となります。
出金できる新しい電子マネー?
還元された残高(PayPayボーナス)は対象外でしょうか。
プリペイド残高はPayPayライトになります。
一度取り込んだお金を簡単に手放す事はなさそう。
ソフトバンク系はTポイント陣営ですが、このTポイントの期間/用途限定分の使い難さも同様です。
期間/用途限定分の使い難い共通ポイントとしてポンタポイントがあります。

来週の休み明け(12日)から始まる還元キャンペーン第二弾は支払い方法で還元率が変わります。

私の前回の使用例のままだと、「その他のクレジットカード」だったので10%還元ですか。
残高で支払えば20%還元になります。
Yahoo! Japanカードは19%還元ですが、カードのTポイント付与1%を合算すれば20%還元です。
同カードは新規作成で10,000円分のTポイント(利用制限あり)が貰えるので申し込みしてしまいました。
今回はいろいろ制限があるので長持ちしそうなキャンペーンかな。
PayPayが使えるところでは優先的に使う予定です。

自前の楽天スーパーポイントで還元される楽天経済圏のサービスは使いやすいと思います。
期間限定のポイントは楽天ペイに充当できるのが有難い。
また、共通ポイントのdポイントを充当できるQR/バーコード払いのd払いアプリも入れています。