ブログページ

銀行口座をほったらかしで難儀した


口座凍結されている

福岡へ異動してきたとき、職場の近くにあった地銀(旧西日本銀行)に口座を開いてメインで使っていました。
その後の異動や引っ越しで都合が良い他行へ乗り換えたため長い間ほったらかし。

同行の口座が必要になり使おうとしたのですが、口座は凍結されているもよう。
今では経営統合で行名も変わっています(西日本シティ銀行)。
口座開設店へ出向いて対処してもらいましょう。

復活できないところまで来ているとか。

新規口座開設もなかなか

テレビCMでも流れているように犯罪に使われる事を防ぐため厳しくなってます。

解約して新規に口座を開設か?
それも自宅、又は勤務先の近くである等の理由がないと受け付けてもらえません。
曰く、若干の差で近い支店があるではありませんか。
「その支店で旧口座開設店へ行くよう」言われたのに、です。

それは勘弁してもらいたい。
「スマホで口座開設」の場合も同行の本支店が自宅や勤務先の近くにないと同様です。

良いこともあります

しかし、不自由ばかりではありません。
顔写真付きの身分証明があればキャッシュカードを即時発行してもらえます。

口座はたくさん持っていてもほったらかしなら凍結されている可能性大です。
定期的に動かさないと、必要なときに使えないかも。
銀行側も維持コストがバカにならないので渡りに船。

スポンサーリンク

メルペイiDエラーで困った、還元キャンペーンが始まったのに(2019-06)


還元キャンペーンが始まったのに

スマホ決済のメルペイが6月末まで(6/14〜)ポイント還元キャンペーンやってます。
これまでメルカリ未使用で前回GW還元キャンペーン(〜5/6)のとき、セブンイレブンで70%ポイント還元してもらったのみです。
ポイントは翌日すぐに付与されました。

今回の70%還元はセブンイレブンとファミリーマートが対象でその他は50%還元になります。
後払いが条件ですが、手数料300円がキャンペーン中は無料です。
還元上限は2,000円(ポイント)と前回GWより後退しています。

メルカリiD決済エラーで困った

その前にメルカリからのプレゼント300p(有効期間6/13〜16)を失効前に消化しなくては。
近くのローソンでiPhoneのWalletに入れたメルカリiDを使おうとしますが、店舗端末にかざした際のエラーで先に進めません。

ローソンでは昨年からWalletのメインカードにメルカリiDを設定して「Apple Payで」と言うのだっけ?
「iDで」と言っても良かったような。
手順に誤りはなさそうなので、悩めるご同輩はいないかググッてみます。
SIMフリーiPhone、Wallet(メルカリiD)の組み合せで同じ事象が多いようです。

>別の店舗ではできた。
>WalletからメルカリiDを削除、再登録でできた。

結果は如何に?

ご指南通りやったら難なく決済完了しました。
念のため、メルカリiDを使う時は別の決済手段を用意しといた方が安心です。

スポンサーリンク

サイドバーにアーカイブ集(写真/動画)へのリンクを付けました(2019-06)


当ブログはWordpressプラグインRevive Old Postsを使って過去に投稿した記事をランダムに抽出してTwitterサブアカウントへシェアしています(殆ど自分用)。
このブログのルーツである少年野球の頃からの記事が抽出されることが多々あります。
より詳しく振り返りたいとき、関連の写真や動画をアーカイブ集で見ることができます。
オリジナルの保存先はそれぞれ、動画→YouTube、写真→Flickrとしています。
そんな中、Flickrの利用規約の変更で無料アカウントは使えなくなるなあ、と諦めることに。

Flickrの無料アカウント、間もなく利用制限始まる(2019-02-04投稿)

しかし、現時点(2019年6月14日)ではWordpressプラグインAwesom Flickr Galleryで作成した既存のアーカイブ集(写真/動画)についてはアクセス可能です。
今後はいつ切られるかは不透明ですけど大事なコンテンツです。
当ブログサイトのサイドバーに写真のようなリンクを付けました。

スポンサーリンク

私用に私用メルアドを使わない不思議?


リタイヤ後の年金うんぬんが続いています。
日本の年金は賦課方式なので少子高齢化が進行する今後はますます大変そう。
終身雇用が当たり前と思っていた世代としてはとうとう来たか、です。

私は同期入社の仲間ではそのまま残っている数少ないひとりです。
それでも経営形態が変わったり、数多くに分社してしまい何屋なんだろうと思うことが度々です。

転職、関連会社へ転出、リタイヤなど送別会の声がかかるときの話です。
同窓会をやりたい世代でもあるようです。

その連絡手段(eメール)に違和感があります。
私以外、ほぼ全員会社メールアドレスを使っているからです。
日頃名刺も使わないので尚更。
どこまで所属意識が続いている?

ディジタル・ネイティブの世代には理解できない話ですが、メールはもちろん携帯も存在しない頃の仲間ですからね。
困ったことに所属が変わったりでメールが届かなくなり連絡できない人が何人もいます。
携帯キャリアメールはキャリアチェンジすると同様なので、何れかのSNSのグループ機能を使えば簡単だと思うが・・・
こちらの方が気楽なんですけどね。
意図的に連絡を絶ちたい(ひきこもりたい?)ことが無きにしもあらんか。

スポンサーリンク

2,000万円、話題の年金以外に必要な自己資金


近頃の気になる話題は「不足する2,000万円」です。
65歳でリタイヤした後、ふたりが30年間生活するには公的年金の他に2,000万円ないとやってけないよ、とした金融庁の報告書が発端です。

改めて言われなくても分かってる!?
そんな人は少なくないでしょう。
資産形成についての教育を受けたことがないひとがほとんどだと思います。

個人的には報告書にもあるように長期・積立・分散が資産形成の王道であることに気付いたのはこの1年です。
国が用意した制度、iDeCoとつみたてNISAを利用している人も増えてきました。
利益が非課税だし、iDeCoの積立額は所得控除されるとくれば良いことずくめ。
長期がポイント、もっと早く制度を整えて欲しかった。

参議院選挙を意識した政府の動きに注目しましょう。

スポンサーリンク