無くなる職業、いなくなる働く人、制限増すPC環境


無くなる職業

確か、米国の話だったと思うけど将来なくなる職業リストを見て驚いた記憶があります。
俗に言うAIに置き換わるのでしょう。

日本も例外ではないですから就活中の学生も意識しているかな。
経団連の幹部も終身雇用を守れない、と発言するようになりました。

いなくなる働く人

一方、労働人口はますます減少します。
身の回りでも退職した後の人員を手当できないのが現実です。
仕事は無くならないけど、働く人はいなくなります。
できることから効率化を迫られます。
個人的に「昔取った何とやら」で、PCツール(アプリケーション)を作って欲しいと頼まれることがたびたびあります。

制限増すPC環境

とは言え、セキュリティやらの関係でソフトウェアのインストールは著しく制限されています。
選択肢が殆どありませんね。
マイクロソフト・Office製品に付属するVBAを使いましょう。
VBA(Visual Basic for Applications)はVisual Basicをベースにした結構レガシーなプログラミング言語です。
表計算ソフト用Excel VBAやデータベースソフト用Access VBAはそこそこの事ができるので重宝します。

これも無くなる職業?

プログラミング言語とくればリファレンスマニュアルは必携です。
以前はバージョンに合わせたマニュアル購入が大きな出費でした。
今はググれば済みます。
ヒットするページは教える事が生業のWebサイトが多いかな。
意外に多いのが税理士さん。
日常的に使っていてノウハウを公開しているのですね。

ところで、この税理士業務は無くなる職業なんだとか。

スポンサーリンク

新生活に向けた引っ越し準備の真っ最中(2019-03)



(フレスポ鳥栖)

そもそも転勤族だったのですが、長いこと引っ越したことがありません。
そのため新生活の引っ越し準備の要領が掴めずズルズル。
持って行く荷物が揃っているなら運送会社を探せば踏み出せそうです。

家具や家電製品を揃えるところからなので選択肢がたくさんあり過ぎて・・・
大学生協のカタログからチョイスして注文すれば簡単そうです。
しかし、拘りだけは一人前だからなあ。

幸い全国チェーンのニトリとヤマダ電機が引っ越し先の近くにもあることが分かりました。
地元店で購入して現地店から配送して貰える?

大きな商品(ベッド、洗濯機、冷蔵庫など)は現地の店舗から配送のようです。
持ち帰り商品は現地または地元の店舗から宅配便で発送とか。
現地店へ受け取りに行くことも可能です。
シーズン中なので配送料が無料や割安に設定されているもよう。

入荷時期がバラバラで荷物受け取りのためのスケジュール調整が必要ですな。

スポンサーリンク

新しい生活への準備が進捗しない(2019-03)


新しい生活環境への準備が捗りません。
また、引越難民が話題になる昨今です。
自力でやれる範囲で、スモールスタートとしましょう。
必要なものはその都度揃える方が賢いこともあります。

近所の家具店や家電量販店を訪れる機会がたびたび。
そこには罠がありました。
久しぶりに会うご同輩が何人も・・・
これでは準備が進捗しないけど、まあ良かろう。

これまでは必要なかったATMの使い方も練習しなくては。
無用な手数料などを支払う事がないように日常に関心を持つことからかな。

スポンサーリンク

口座開設は新生活の大事な準備項目です


旅立ちの春、3月も残り半分です。
身ひとつで新天地へ行ければラッキー。
遠方なら短期間での住まい探しは難題です。
早めの行動は必須。

地方から地方へ進学した場合、困ることは仕送りにどの銀行口座にするか、です。
家計で利用している地元地銀はそこにはありません。
できれば家賃や光熱費の支払い口座は別にしたいもの。
引き落とし残高の管理ができるとは思えません。
同一口座ならすぐライフラインを止められそう。

幸い指定金融機関にゆうちょ銀行の選択肢があります。
生協でバイト中の上級生はゆうちょ銀行で不自由しないとの弁。
正式にはゆうちょ銀行は一人1口座のみだそうです。
同行Webサイトに表示されているとか。

理由があればできるとの情報を基にダメもとを覚悟でトライ。
難なく第2口座が持てました。
ただし、普通預金の預け入れ限度額は500万円也。

念のため現地の地銀口座も開設しておきます。
振り込みや口座振替はゆうちょ銀行では不可のケースが割と多いんですよね。
福岡支店は路面店ではなくビルの5階にあります。
なお、個人の口座開設は当地への進学や就職等の必然性がないと拒否されます。

スポンサーリンク

何をするかは自由な4年間、野球は?


今春から大学生になる息子の住まい探しです。
夏の大会までは野球のみの生活でしたが縁がありました。

今どきの学生向けアパートはエアコンとインターネット環境付きが当たり前のようです。
洗濯機と冷蔵庫までは望めないか。
準備しなくては。
盆地のため夏は暑くて冬は寒い土地柄のようです。

当日は二次試験(後期日程)の日で物件下見と仮予約される方も多く見られました。
受験シーズンはあと少し、「サクラサク」春になれば良いです。

やはり気になるのは野球場。
全国3番目の広さを誇るキャンパスの外れにありました。
昨年(2018年)は春季リーグ優勝を果たしているようで今後が期待されます。
観戦する機会があるかも。

スポンサーリンク