ポイントで支払ったのにポイントが付いている


キャッシュレス還元事業と共通ポイント

キャッシュレス還元事業の還元方法は決済手段により異なります。
現金でのキャッシュバックが有難いのですが、決済事業者の顧客囲い込みのためポイントバックが最も多いようです。
結果、使い易い共通ポイントが得られる決済手段を選ぶようにしています。

共通ポイントとしてはdポイント/Pontaポイント/楽天スーパーポイント/Tポイントを使っています。
いずれも1ポイント(=1円)から加盟店での支払いに充当することができますが、投資にも使える等の違いもあります。

ポイント充当でもポイント付与

以前から気付いていたことです。
ポイントで支払った場合、ポイントは貰えないのが一般的だと思います。

あれ?ポイントが付いている。
マクドナルドはdポイント及び楽天ポイントの加盟店です(いずれか択一)。
ショッピングモール等では独自ポイントも合わせて貰えることも。
100円(税込)で1ポイントが貯まり、1ポイントを1円として支払いに充当できます。
dポイントで支払い(写真上)と楽天ポイントで支払い(写真下)のレシートをよく見ると違いが。
楽天スーパーポイントが付いています。

他の加盟店ではどうなんだろう。
レシートは必ず受け取り、内容の確認お忘れなく。

スポンサーリンク

失効間近の博多阪急ポイント消化、キャッシュレス併用払いしたい


キャッシュレス派としては失効間近のポイントもキャッシュレス併用払いしたいものです。
何故か、同じデパ地下で対応が異なった話

博多阪急ポイントとLINE Payの併用払い

日頃、デパ地下でお馴染みの博多阪急・食品売り場を利用します。
必然的に博多阪急ポイントカードを持つことに。
1ポイント(=1円)から使えるので使い易い部類です。
1月から12月末までが積み立て期間で、有効期限は翌々年の3月末となります。
殆ど行く機会がない家族分の少数ポイントを消化するには1〜3月が良いタイミングです。
「ポイント充当、不足分はLINE Payで」
手慣れたレジ操作で簡単に処理。
結果はレシートの内訳で確認できます。

別の売り場では併用を断られた

後日、自分の分を消化するため同じくデパ地下の別の売り場で博多阪急ポイントとLINE Payの併用払いを伝えると
「電子マネー類とポイントの併用払いはできません」
と断られました。
別の売り場ではできたと伝えはしたが、急ぐのでそれ以上は。
QRコード決済やSuicaなどICカード等はダメ。
現金はもちろんですが、何故がクレジットカードとの併用払いは可能らしい。

顧客目線で観ると

イベント会場ならありそうだが、共に常設している売り場なのに何故?
テナントで異なる?
POSレジが異なる?
究極は人で異なる?
少なくとも他ではできる事を把握して、できない理由を説明できるようになりたいもの。

スポンサーリンク

やっと付与された楽天カードのキャッシュレス還元ポイント、ヤフーカードは改悪情報あり


キャッシュレス還元事業の還元ポイントがやっと付いた。
楽天カードの10月分らしいです。
当初は利用した翌々月22日頃付与とされていました。
今回の170ポイントは想定より随分少ない。
170/5%=3,400(円)

ポイント付与明細はないが該当の金額の支払いが見つかりました。
利用日が10月中のデータはもっとたくさんあります。
楽天カードへのデータ到着が遅れたので次回付与でしょうか。

支払った店舗が加盟店でなかったり、その決済方法がその店舗で登録されていないことも考えられます。
やはり決済の都度、還元額が表示される決済方法の方が納得感があります。

昨日(12/23)はヤフーカードのポイント付与改悪が告知されています。
PayPayチャージには必須!と新規カード会員になって1年未満。

2020年2月からです。
「PayPay決済」「PayPay残高チャージ」および「nanacoクレジットチャージ」「nanacoオートチャージ」へのポイント付与が無くなります。

既定路線なんですかね。

スポンサーリンク

東急ハンズのポイントが1ポイントから店舗で利用可能になった


ちょっと他とは違う商品が欲しいときに覗いてみる東急ハンズ。
購入額に応じたハンズクラブのポイントが付きます。
これまでは店舗で使うときは300ポイントから100ポイント単位で支払いに充当可能でした。
有効期限の3月末までに届かずに失効するのが常です。

ポイント残高を知らせるメールに有難い改善のお知らせが。
先月(11月)26日より1ポイントから1ポイント単位で使えるようになったとか。
利用者サイドに立てば他のポイント/マイルも倣って欲しい。
100、300、500、1,000、更に10,000ポイントなんて失効するのを期待しているようなものでは?

スポンサーリンク

むかし?家電量販店はアミューズメントだった


家電量販店はアミューズメントだった

家電量販店は時間つぶしに最適なところ(でした)。
ガジェット大好きで無駄なオモチャを衝動買いしたのは以前の話。
物は持たないように考え方を改めた今は足が遠のいています。
ネット通販を利用するようになったことも大きな理由です。

近くに家電量販店のヤマダ電機があるのですが、たまには行ってみましょう。
Joshinや同じ北関東系ではコジマもあったことも。

ポイントの有効期限到来は早い

この春に新生活用の家電製品をヤマダ電機で揃えたときにもらったポイントを失効しないようにしなくては。
個人的には今もポイント好きは変わりません。
スマホアプリがあれば容易に残高や期限を確認できます。
ヨドバシカメラやビックカメラは最後のポイント増減から2年ですが、ヤマダ電機は1年のようです。
いつの間にか各種QRコード決済にも対応してました。
Suica等の電子マネーは不可のようです。
お得なポイント還元の決済方法をチェックしたり、決済方法によって異なるヤマダ電機のポイント還元率も確認しておかなくては。

有効期限の更新

訪れたついでにプリンターの使用済みインクカートリッジをリサイクルボックスに入れておきます。
買った物と言えば、張り替え用のスマホ画面保護シール。
気泡だらけの不器用さに落胆します。
誰でも簡単にできる製品にすべきだった。

スポンサーリンク