新聞宅配はキャッシュレス消費者還元事業の対象だって


定期契約の紙の新聞と電子版

消費税が10%に増税されましたが、食品と新聞の軽減税率8%の対象か否かにはまだまだ馴染めません。
毎日宅配してもらう新聞は軽減税率対象条件を満たしているので10月分も同じ支払い額でした。

○定期購読契約により購入している
○週に2回以上発行されている
○一般社会的事実を掲載されている
○電子版ではない

日経新聞社の電子版は無料版をPCやスマホで閲覧することがあります。
環境に合わせてレイアウトされるので見やすいですが、有料版はちょっとお高い。

最近知りましたが、朝刊を定期購読している西日本新聞の場合は追加料金無しで電子版を閲覧できます。
ただし、PCやスマホでの閲覧に最適化されてはいません。
紙面イメージをそのまま表示するしくみです。
ピンチイン/アウトで拡大/縮小して目的の記事を探します。

昨日(11/11)は休刊日で一般紙は前日の夕刊と朝刊はお休みでした。
専用アプリで前日の祝賀パレードが掲載されている夕刊の電子版を開いてみます。
この電子版、無料でも開く機会がありませんから。

キャッシュレス消費者還元事業の対象だって

これまで定期購入の新聞代はクレジットカード払いにしています。
折り込みチラシでキャッシュレス消費者還元事業対象であることを知りました。
決済カードにより定められた還元方法で、5%還元されるようです。
クレジット決済は新聞社と契約していると思うのですが、還元事業の対象店舗は販売店なのでしょうか?
また、販売店の中の免税店は消費税の申告・納税はありません。
増税後は新聞社の新聞販売店への卸売りは10%で、新聞販売店売り上げは8%なので仕入れ経費増のようです。
宅配の税率8%維持やキャッシュレス還元事業対象化は購読者数を減らしたくない大手新聞社の力でしょう。
人手による配達のラスト・ワンマイルは苦戦もよう。

スポンサーリンク

Video & TV SideViewで録画を「おでかけ転送」して持って行きます


更新:2019-10-27

空や鉄道の移動時間を有効に使いたい

長距離移動は貴重な時間です。
空の移動では無料の機内WiFiが使えるようになって便利さを享受したばかり。

新幹線にもWiFiがありますが契約しているアクセスポイントはありません。
チョクチョク利用するなら考えるけど。
新幹線移動中のスマホは機内モードにしておきます。
モバイル回線の基地局を見失ったり頻繁に切り替わったりでバッテリー消耗が半端ではありません。
受信確認のため停車駅では繋いでみましょう。

そんな分けで今日からの新幹線移動の準備。
録りためて観ていないテレビ録画をタブレット(iPad)に入れて持って行くことにします。
手持ちのソニー製レコーダーnasneとブルーレイレコーダーに対応しているアプリVideo & TV SideViewの「おでかけ転送」を使います。
外付けのUSB-HDDへ保存した録画は転送できないのか。
ちょっとした失敗です。
本体へ戻したら多分大丈夫?

このアプリを使って外出先からレコーダー内の録画視聴も可能ですが、使用するネット回線によってはスムーズな再生が厳しいです。
ホテルのWiFi環境ではどうだろう。

残念ながら不具合が多いもよう

長年使っている有料アプリです。
不具合が続いた頃もありましたが、現在の私の環境ではまともに動くようです。
利用環境によっては不具合があり厳しいかも。
アプリストアの評価は残念な結果となっています。

追記(2019-10-27)
新幹線にも無線区間が暗号化されないフリーWiFiがあったので試してみた。
そこそこ速度は出るので無いよりは良いか。
このWiFi環境は全てに対応してはいないようです。
なお、手持ちのレコーダー(BDZ-EW510)では一度外付けUSB-HDDにムーブするとおでかけ転送データは消えてしまい戻しても同じでした。

スポンサーリンク

「カネオクレ タノム」とかな入力の小話


レガシーなメディア・電報の小話

投稿タイトルはレガシーなメディアである電報の有名な小話から。

携帯・スマホはもちろん固定電話も普及していない頃は電報が急ぎの伝達手段となります。
電話の普及で需要が激減、ヤミ金の督促に使われたりしました。
今では殆ど慶弔用途として漢字かな交じり文で受け取るので、知らない人には想像できないでしょうか。

投稿タイトルを漢字かな交じりに書き直すと、「金送れ 頼む」となります。
仕送り要請電報を受け取った親御さん(多分?)は「カネオクレタ ノム(金をくれた 飲む)」と解釈し、「ダレガクレタカ ノムナ(誰がくれたか 飲むな)」と返信したそうです。

近頃の消息を知る手段

今も電報がLINEになっただけで金欠になった時だけ・・・は変わらぬもよう。
10月は後期授業料の支払いもあるし、困った。

さだ まさしの歌に子どもの消息を思う歌詞「元気でいるか・・・」がありますが、今はスマホの日々のモバイル通信・パケット量が増減することで外へ出ていることを知ります。

少数派?かな入力の小話

私は日本語をかな入力しているので気になったことがあります。
カタカナのみの電報の時代、キーボードのカナの配置はJIS配列とは異なり独自仕様だったそうで、それを覚えた彼らにはJIS配列かなは難題です。
“英数”と”かな”が同じキーに割り当てられていても全く問題ないですけどね。
必然的にローマ字入力になりそう。

ある文字がどのキーかは指せますが、あるキーに割り当てられた英数カナが何かを即答できないのは私だけ?

スポンサーリンク

防災用に購入したポータブルラジオで記憶を懐かしむ



YOREK FM/AMラジオ(YK902)

日常ではテレビやラジオはもちろんのこと、ネットに繋がるディバイスから容易に情報を入手できる現代です。
しかし、何れも電源が無ければ使えない弱点があります。

そんな分けで防災用に単3乾電池で動作するポータブルラジオを手に入れたのです。
昔を思い出してハマってしまいました。

AM/FM(ワイドFMも)のバンドに対応しています。
夜間のAMは出力の大きいNHK第1のみ使える感じ。
福岡の場合、民放局KBCやRKBは使いものにならないですね。
AM放送で使用する中波は夜になると上空の電離層の変化で遠くまで届くようになります。
海外からも際限なく飛び込んできて埋もれてしまうからです。
今ではワイドFM(補完FM局)が聴けるので大丈夫です。
これはテレビの地上波アナログ放送VHF1〜3chの音声で使っていた周波数帯。
以前にも同帯域FM波を受信できるラジオがありました。
それでもワイドFM受信機として代用できるはず。

アマゾンのマーケットプレイスには「すぐ壊れた」「作りが雑」などのコメントが付いていた中華製です。
安かろ・悪かろと期待はしていませんでした。
プライム会員は送料無料だし、割引クーポンもあったので迷わず購入。
ひと通り動作確認しましたが、問題はありません。
作りはまずまず、後はどれだけもつか?
怪しげな日本語マニュアルが外国製であることを物語ります。
機械的な翻訳でしょうか。
その読解も楽しくもあります。

情報過疎の時代ならではでしょう。
かつては無線通信に興味を持ったことがありました。
しかし、一時期ブームだったアマチュア無線には馴染めませんでした。
仕事で関連する資格を取得した際、ついでに購入した無線通信機器はいつしか不燃ゴミと化しました。
近所には大きなアンテナを設置しているお宅もあります。
多分、オールドファン・・・

スポンサーリンク

NHK受信契約の最高裁判断(2017-12)後、動向に要注目


昨日(12/07)の新聞一面にはNHK受信契約に関する最高裁判所の判断がうんぬんとあった。
他に大きなニュースが無かったのか?
影響を受ける範囲が大きいからだろうか。

テレビを設置したら観る観ないは問わずNHKと受信契約しろ、という事?
最高裁のお墨付きを得た徴収員に注目が集まる予感。
裁判に持ち込む事案が増えるのだろうか。

一方、消費者窓口への相談案件は益々増加する?
実際にテレビを所有しない若者も多いはず。
それに強引に契約を迫る事案。
受信契約後の未納となっている受信料には5年の時効がある。
支払う側が主張しなくてはならず、徴収員が説明することはなく超過分は過払いとなる事案。
後で訴えても返してもらえない。
等々。

このニュースを見て、手続きが面倒なのでほったらかしにしていた受信契約をやっと解約した。
NHKへ連絡した前月までは受信料の支払い義務があるらしい。
傷が浅いうちにやって良かった。

また、住んでいる地区は景観上の理由で?テレビは同軸ケーブルで共同受信しなくてはならない。
当初はアナログの地上波及びBSを受信していた。
善良な?住民は殆ど観ない衛星放送受信契約だった。
その後の地デジ化と同時にBS放送もデジタル化された。
同軸ケーブルでは帯域不足で地上波のみの受信となった。
もちろん、即契約変更である。

自らBSアンテナを設置しているケースは別だが相当数の過払いがあると想像している。
未契約なら論外。
個人契約なので自分で手続きしなければならない。
NHKから変更のご案内はあり得ない話。

この後、高齢者を狙った受信契約詐欺が出なければ良いが。

スポンサーリンク