「置き配」で良いのだが、アマゾンとクロネコメンバーズで試みた


再配達は大変そう

ネット通販にはお世話になります。
気が付けばアマゾン、楽天、ヤフーの各通販陣営クレジットカードを持っています。
ポイント等が有利に付与されるので誘導された結果。
中でも主に利用するのはアマゾンです。
水など重量物を配達して貰えるのは有り難い。

一方、運送会社にとっては再配達が悩みのタネ。
戸建てならまだしも集合住宅だったら・・・
車まで重い荷物を持ち帰るのは大変そうです。
だからと言って、放り投げたらいけません(時々、映像がネットに流れます)。

アマゾンの置き配を試す

いちユーザーとしては再配達しなくても良いようにできればと思います。
アマゾンでは「置き配」を選べる事を知りました。
チャットで問い合わせたときの回答です。

商品の配達場所は、 宅配ボックス、ガスメーターボックス、玄関、自転車のかご、車庫、建物内受付/管理人を選択できます。

早速、次の機会に試しました。
しかし、注文時には選択肢が見当たりません。
アマゾンに再確認すると、配送会社が大手(ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便)の場合は置き配できないと回答。
配送会社が決まり次第、大手以外の場合は「置き配」が選択できるようになるそうです。
大手以外は小回りが効くからだとか。
逆と思ってました。
今回もそうですが、ヤマト運輸の配送エリアのようで「置き配」の選択肢はありません。

クロネコメンバーズの受け取り場所変更を試す

ヤマト運輸にはマツコデラックス登場CMで知られる「クロネコメンバーズ」があります。
発送にも使ってますが、荷物を受け取るときも日時や受け取り場所変更に使えます。
しかし、クロネコメンバーズのお受け取り場所の変更以下のメニューがグレーアウトされて選択できません。

問い合わせると、荷物のサイズが大きすぎるようです。
縦・横・高さの3辺の合計の長さ(cm)と重さで荷物のサイズが決まります。

100サイズ以上は不可と言われたので、80サイズまででしょうか。
発送する機会があったら試してみようと思います。

スポンサーリンク

年賀はがきに思う日本郵便のこの頃(2019-12)


M-1グランプリも終わってしまい2019年は残りわずか。
例年、年末年始休みに入らないとやらない年賀状書きです。
近年は出さない人が増えたようです。
今回が最後です、と宣言も頂きます。

そんな中、最小限は書こうと年賀はがきを求めに金券ショップを覗きます。
あれ?例年とは変化が。

在庫がない。
これって、世間を騒がせている日本郵便のゴタゴタが関係しているのでしょうか。
企業のトップから行政サイドのトップへも飛び火中。
過剰なノルマで自爆営業を強いられると聞きます。
助かる人がいる一方、おかしいことは確か。
世の中、アンフェアな事には退場願わなくては。

スポンサーリンク

荷物の発送が多くなったらクロネコメンバーズは必須アイテム


ヤマト宅急便発送で複数口割引とならない理由が分かったのでメモ。

宅配便には毎度お世話になっています。
クリックひとつで物が届くアマゾン等の仕組みで生活が格段と便利になりました。
送料無料のワードに隠れて物流コストの意識が薄れています。

この春から宅配便で荷物を発送する機会が増えたので送料を意識するようになりました。
佐川急便はコンビニ等での扱いがなくなったもようで、同社指定で発送する場合は集荷を依頼しなくてはなりません。
結果、基本的にはクロネコヤマト(宅急便)を利用しています。
コンビニ等へ持参しても持ち込み割引100円/個適用となりますが、以下の理由で店舗へ持ち込んでいます。
調べてみるとクロネコメンバーズと他の割引がお得なようです。

1個あたり
・持ち込み割引 100円
・メンバーズ持ち込み割引 50円
・デジタル割引 50円 (自宅又はネコピットで印刷)
※複数口減額制度 100円
となり

集荷依頼に比較して1個あたり200円、複数個なら1個ありた300円安くなります。

デジタル割引とは送り状作成をアプリ、WebやLINEで作成するだけ。
前回、送り状をLINEで2枚作成して2個発送したが割引されませんでした。
今回も2個です。

店舗スタッフによると複数口割引は専用の送り状となるようです。
店舗のネコピット端末で作成したら、めでたく1個あたり100円割引となりました。

複数口減額制度に対応している送り状作成はアプリとWebのみでLINEは対応していない事が同社サイトに掲載されていました。
な~んだ。

店舗持ち込みでもうひとつのメリットはTポイントがもらえること。
SBI証券で投資信託の購入にTポイントを充当します。

スポンサーリンク

運び屋の最後の仕事はゴミの持ち帰り


自力で運べるだけ運んだ引っ越し作業。
大物は新規購入だったのでそれができました。
在庫無しのため、全部の配達は終わってません。
バラバラと届く荷物を順次受け取ります。
まだまだ先にならないと揃わない現状。

何はともあれ、昨日(4/3)は満開の桜の下で入学式を迎えられて良かった。

さて、運び屋の最後の仕事はゴミの持ち帰りです。

スポンサーリンク

取り寄せ部品代より送料が高かった、炊飯器・雑穀フィルター


不注意で落とした炊飯器のパーツを踏んで割ってしまいました。
内蓋に取り付ける雑穀フィルターと呼ぶもの。
「必ずフィルターをつける」の注意書きが見れます。
付け忘れても炊けてましたが・・・

どうやって手に入れようか。
付属マニュアルを探すよりメーカー(象印)Webサイトへアクセスした方が早いこの頃。
同サイトで目的のパーツが容易に探せました。
税抜200円也。
しかし、問題は送料が税抜300円必要です。
利用している他通販サイトからも送料無料となる最低限度額を引き上げる旨のお知らせが届きます。
物流コストの利用者負担の流れは加速しそう。
アマゾンプライムの送料無料に慣れすぎ。

こんな時はヨドバシカメラへ電話して取り寄せてもらいます。
3日後に店舗へ届きました。
もちろん部品代のみで10%ポイント付き。

使い込んだ結果の色合い変化が何とも。
もう暫く頑張って頂きましょう。

スポンサーリンク