iOSアプリWIZ RADIOの激しいバッテリー消耗は改善か(2019-11)


昨年(2018年)4月から提供されているアプリWIZ RADIO(iOS/Android)について何度か書きました。
ジャパン・エフエム・ネットワーク(JFN)等により提供され、FM39局がエリアフリーで聴けます。
スマホでラジオを聴くアプリとしてはradikoが知られています。
しかし、規程の放送エリアを越えて移動すると無料版radikoは聴けなくなります。
エリア外で聴くためにはradikoプレミアム契約(有料)が必要なのが難点です。

WIZ RADIOの登場で「我が意を得たり」と喜んだのも束の間、次の理由でradikoに戻っていました。

①激しいバッテリー消耗
②CM枠に同じピアノ曲が流れて耳障り
③コントロールセンターでオンオフ操作など不可(iPhone)

改善状況は?
いつも聴いている番組の②については既に1年前に実際の放送と同じCMが流れるようになってます。
CM枠が売れたか否かでしょう、局や番組で違います。
③は変わらずだが影響なし。
問題①のバッテリーの劇的消耗が改善されるなら、radikoから乗り換え待機中。

iPhoneの設定>バッテリー>App毎のバッテリー使用状況 を確認してみます。
他のアプリの使用状況と比較して納得できる程度に改善されていると判断。
そんな事から現在はWiz RADIOに乗り換えました。

スポンサーリンク

楽天チェック、当たるポイントは後出しジャンケンじゃないですか


楽天チェックは小さな動機付け

アプリの楽天チェックを使っていますか?
決められた店舗等でチェックイン操作をすると楽天スーパーポイントがもらえます。
検索すると近くではコンビニのローソンやポプラが加盟店として表示されています。

対象の公園等もあるそうですが近くには無いようです。
現地でチェックイン操作すると固定ポイントをゲットするタイプとチェックインくじを引くタイプがあります。
プライバシーポリシーには明記してあることと思いますが、ポイントと引き換えに来店者の情報が加盟店へ渡る仕組みでしょう。

取りあえず、訪問する小さな動機付けにはなります。

常々抱いている疑問が

くじを引くタイプで常々思うことがあります。
例えば、ローソンでチェックインすると4枚のカードが表示されます。
いずれかをタップすると隠れていたポイントが表示される分け。

以前はどのカードが何ポイントだったかが分かるようになってました。
確か、割り当てポイントは1,3,5,10,50だった?
今までに当たった最高値は5ポイント。
当たりはしませんが50ポイントも頻繁に隠れてました。

何度も利用すると気付きます。
四択なので1枚ある最高値(50や10)が当たる確率は25%に収束しなくてはおかしくなります。
何度やっても0%ですから。

やっぱり?!

何方かのブログに各ポイントが当たる確率が出てました。
何を基に導かれたのか失念。
くじを引いた後でポイントを割り振っていることが容易に推測できます。
後出しジャンケンですね。
サービス提供サイドもそれを意識したのでしょう。
最近のアプリのアップデートで引かれなかった残り3枚のポイントは表示されなくなりました。

スポンサーリンク

家計簿アプリZaimからEvernoteへデータが自動バックアップされなくなった、エラー表示が欲しい


家計簿アプリはZaimとMoneyForward MEを併用

今ではお金の出入りログに欠かせない家計簿アプリです。
いろいろと試した中でこの1年ほどは共に無料版のZaimアプリとMoneyForward MEアプリを重宝しています。

同じような機能がありますが、次のように両者を使い分けています。
手入力やレシートの読み取りなどはZaimで。
メモ欄の自由度の高さや絞り込み検索の便利さが他にありません。
すぐに記録してレシートは溜めないことです。
金融機関などの口座から情報を取得するアカウントアグリゲーションはその対象の多さからMoneyForward MEで。
後日となるクレジットカードの利用履歴などはZaim記録の消し込みに役立ちます。
ひとつのアプリでやってしまうと同じお金の出入りが重複してしまうので使い難くなります。

以前はMoneyForward MEひとつを利用していました。
無料版ではバックアップが取れなくなったことがZaim併用の理由でもあります。

ZaimからEvernoteへバックアップされなくなった

ZaimではデータをダウンロードできたりEvernoteへ自動バックアップするように設定できます。
コツコツと記録したデータですから保存できて嬉しいです。

Evernoteに自動バックアップするにはEvernoteに予め特定のノートブック(Zaim)を用意しておきます。
連携が上手く行けば未処理分が翌日になると、バックアップされます。
一日分がひとつのノートにまとめられて保存されます。
残念ながらZaim元データを修正してもEvernote内ノートは更新されません。
ある日のZaimデータを追加しても既に存在するEvernote内ノートは更新されず新たなノートが作成されます。
これは暫定情報と割り切り、定期的にダウンロードした最新の年間データをひとつのノートとして保存します。
このようにZaimからEvernoteへのデータ保存は欠かせないものとなっています。

何気にEvernoteを眺めていると最近3ヶ月程自動バックアップされていないことに気付きました。
PCでZaimを開いてみるとEvernote連携の有効期限が-74日であり既に失効しています。
有効期限は1年間、再連携の必要があるようです。
再連携で翌日には自動バックアップが再開しました。
失効している期間についてはZaim上の処理は完了しているためか保存されませんでした。
スマホアプリで見る限り「Evernoteは接続済みです」と表示されるのみ。
やはりエラー表示が欲しいところ。

スポンサーリンク

荷物の発送が多くなったらクロネコメンバーズは必須アイテム


ヤマト宅急便発送で複数口割引とならない理由が分かったのでメモ。

宅配便には毎度お世話になっています。
クリックひとつで物が届くアマゾン等の仕組みで生活が格段と便利になりました。
送料無料のワードに隠れて物流コストの意識が薄れています。

この春から宅配便で荷物を発送する機会が増えたので送料を意識するようになりました。
佐川急便はコンビニ等での扱いがなくなったもようで、同社指定で発送する場合は集荷を依頼しなくてはなりません。
結果、基本的にはクロネコヤマト(宅急便)を利用しています。
コンビニ等へ持参しても持ち込み割引100円/個適用となりますが、以下の理由で店舗へ持ち込んでいます。
調べてみるとクロネコメンバーズと他の割引がお得なようです。

1個あたり
・持ち込み割引 100円
・メンバーズ持ち込み割引 50円
・デジタル割引 50円 (自宅又はネコピットで印刷)
※複数口減額制度 100円
となり

集荷依頼に比較して1個あたり200円、複数個なら1個ありた300円安くなります。

デジタル割引とは送り状作成をアプリ、WebやLINEで作成するだけ。
前回、送り状をLINEで2枚作成して2個発送したが割引されませんでした。
今回も2個です。

店舗スタッフによると複数口割引は専用の送り状となるようです。
店舗のネコピット端末で作成したら、めでたく1個あたり100円割引となりました。

複数口減額制度に対応している送り状作成はアプリとWebのみでLINEは対応していない事が同社サイトに掲載されていました。
な~んだ。

店舗持ち込みでもうひとつのメリットはTポイントがもらえること。
SBI証券で投資信託の購入にTポイントを充当します。

スポンサーリンク

Instagram或いはIFTTTの不具合か、認証が通らない


2つのスマホ・アプリを連動されることができるアプリのIFTTT(イフト)は重宝します。
動作を定義したシナリオはアプレットと呼び、自分で作るも良し、サンブルをそのまま使うも良し。

上の”Tweet your Instagrams as native photos on Twitter”は良く知られたアプレットです。
Instagramの標準シェア機能でTwitterへ共有するとキャプションとInstagramへのリンクのみですが、このアプレットを使えば写真もシェアできます。

ところが・・・
長いことInstagramからIFTTTに認証され問題なく使用できてましたが、再度Instagramの認証情報を求められることに。
ステータスはInstagram及びIFTTT共に Connected Nov 24,2015 (最初の使用開始日)です。

パスワードを入力した結果は

何故か認証が通らなくなってしまいました。
Instagramのパスワードを変更したばかりだったので誤ったのかも。
以後はパスワード入力を求められることはありません。
3日ほどInstagramやIFTTTに関するエラー情報を収集しましたが該当する情報は見当たりません。

が、突然症状が改善しました。
Instagramのステータスが Connected Today に変わっています。

Instagram或いはIFTTTのサーバーの一時的な不具合が原因だったのだろうか。
今回は時間が解決してくれました。

スポンサーリンク