新聞宅配はキャッシュレス消費者還元事業の対象だって


定期契約の紙の新聞と電子版

消費税が10%に増税されましたが、食品と新聞の軽減税率8%の対象か否かにはまだまだ馴染めません。
毎日宅配してもらう新聞は軽減税率対象条件を満たしているので10月分も同じ支払い額でした。

○定期購読契約により購入している
○週に2回以上発行されている
○一般社会的事実を掲載されている
○電子版ではない

日経新聞社の電子版は無料版をPCやスマホで閲覧することがあります。
環境に合わせてレイアウトされるので見やすいですが、有料版はちょっとお高い。

最近知りましたが、朝刊を定期購読している西日本新聞の場合は追加料金無しで電子版を閲覧できます。
ただし、PCやスマホでの閲覧に最適化されてはいません。
紙面イメージをそのまま表示するしくみです。
ピンチイン/アウトで拡大/縮小して目的の記事を探します。

昨日(11/11)は休刊日で一般紙は前日の夕刊と朝刊はお休みでした。
専用アプリで前日の祝賀パレードが掲載されている夕刊の電子版を開いてみます。
この電子版、無料でも開く機会がありませんから。

キャッシュレス消費者還元事業の対象だって

これまで定期購入の新聞代はクレジットカード払いにしています。
折り込みチラシでキャッシュレス消費者還元事業対象であることを知りました。
決済カードにより定められた還元方法で、5%還元されるようです。
クレジット決済は新聞社と契約していると思うのですが、還元事業の対象店舗は販売店なのでしょうか?
また、販売店の中の免税店は消費税の申告・納税はありません。
増税後は新聞社の新聞販売店への卸売りは10%で、新聞販売店売り上げは8%なので仕入れ経費増のようです。
宅配の税率8%維持やキャッシュレス還元事業対象化は購読者数を減らしたくない大手新聞社の力でしょう。
人手による配達のラスト・ワンマイルは苦戦もよう。

スポンサーリンク

いつもと違うガソリンスタンドでやっちまったこと


いつものスタンドは閉まっている

いつもは近いとの理由で定期的に同じガソリンスタンドで現金給油しています。
キャッシュレス消費者還元は(アプリでの5%表示を見ると)整備だけと思います。

クレジット払いと現金払いは設定金額が違います。
これって(手数料を上乗せする行為)クレジット会社との規約違反?だと思うのですが、どこのガソリンスタンドも一般的。

今回、予定外のガソリン消費で異なるルーティーンになって新たな発見が。
あ!閉まっている。
働き方改革でしょうか、20時までの営業になってます。

消費者還元事業加盟店は

幹線道路沿いなので他に営業しているスタンドは多くあります。
どうせならキャッシュレス還元で2%還元店舗がが良いか。
探そうにもスマホを忘れています。
記憶にある該当スタンドらしきところに停めます。
殆どがセルフに変わっているのはこの業界も働き手不足が深刻な問題なのでしょう。
薄利多売のビジネスモデルですから。

件のスタンドもセルフだったので使い方を教わりながら給油です。
使えたJCBマークの付いたクレカで決済します。
スタンドのおじさんは何も言わなかったけど、後で確認したらJCBカードは還元対象外ではないですか。
90円相当の還元を貰い損ねたことに。

スマホ忘れた自分のミスではあるんですけど。

スポンサーリンク

消耗戦は終わる?QRコード決済のLINE Payも一抜けか


恩恵を受けた還元キャンペーン

昨年来、各決済陣営の還元キャンペーンに押されて決済アプリを使ってきました。
LINE Payもそのひとつです。
近頃はキャンペーンがないので寂しい日々です。

銀行口座からチャージしたのは最初だけ、マイカラーと決済額に応じたボーナス付与の他、LINEショッピング等で得たLINEポイントを交換できるので残高が無くならない。
永久機関じゃあるまいし、そうは問屋が卸すまい。

地味な改悪

LINEポイントの利用について残念な告知<お知らせ>があります。
「LINE Payへの交換は年内で終了」するようです。

最初はLINEポイントはLINE Pay決済に充当されるので問題なし、と思っていたのは大きな勘違いでした。
LINEポイント充当分にはボーナス付与はないではないか。

その思い込みは楽天ポイントにあります。
加盟店で異なるかも知れませんが、楽天ポイントで支払っても規定の通常ポイントが付与されます。
LINEポイントも同じだと誤認したからです。
なお、同じ店舗においてdポイントで支払うとポイント付与はありません。

今後はどうしよう

消耗戦が終われば利用者として決済サービスを絞り込む流れになりそうです。
dポイント消化用に残したd払いと同じく、LINEポイント消化用のLINE Payとなるか。

スポンサーリンク

キャッシュレス・消費者還元事業、それは還元されないかも


更新:2019-10-14

ポイント還元対象店舗検索アプリは道半ば

不評のポイント還元対象店舗検索アプリのiOS版がアップデート(1.0→1.1.6)されましたが変わり映えしません。
経済産業省担当者が10月中旬には盛り込むと話したというWeb版で可能な業種絞り込み機能はまだのようです。
気長にお待ちあれ。

現在地周辺に表示される対象店舗の位置が間違っていることが珍しくありません。
決済事業者への登録において誤ってできた複数のIDの名寄せも必須。
それによって地図上の重複した表示を解消できるはず。
早期の改善が待たれます。

その決済方法は還元対象にならないかも

検索アプリで対象店舗の情報として還元対象の決済方法が表示されます。
上の例ではクレジットカードの国際ブランドVISAとMasterとなっています。
手持ちの同マークが付いたカードを使えば良さそうです。
念のためカード裏に表示されているカード発行会社が還元事業の決済事業者として登録されているか否かをカード会社や経済産業省のWebサイトで確認しておきましょう。

また、店舗によって複数の決済事業者との契約がある場合は全ての決済事業者に加盟店登録依頼をしなくてはならないと経済産業省Webサイトで注意喚起されています。

複数のクレジットカード会社と契約している加盟店の皆様へ

つまり決済事業者登録されたカード会社発行の国際ブランドマークが付いたクレジットカードでも還元対象とならない場合があるのです。
それを理解してない小売店だったら、思わぬ期待外れが待っています。
消費者側が確認できない仕組みは問題です。
AirPayなんかは全部やってもらえそうなので何となく消費者側も安心です。

還元方法はどうなっているのだろう?

各々の決済手段で異なる還元方法となります。
ネットショッピングを利用する人には必携の楽天カードとヤフーカードを例に。
キャッシュレス・消費者還元事業に関するFAQを調べてみました。

ともに同事業の決済事業者として登録されています。
対象店舗でクレジットカード払いをした場合の還元はどうなるのか。

楽天カードの説明
キャッシュレス・消費者還元事業

特典  カードご利用月の翌々月の22日頃
進呈日 楽天スーパーポイント(通常ポイント)

ヤフーカードのよくある質問
キャッシュレス・消費者還元事業

ヤフーカードをお申し込みいただいたYahoo! JAPAN IDに対してPayPayボーナスライトが還元されます。
ヤフーカードご利用月の翌月20日頃に還元します。

楽天カードは通常の楽天スーパーポイントであるのに対し、ヤフーカードはPayPayボーナスライトで還元ですか。
しかも60日間の有効期限付き。
これまで多額の投資をしてきたPayPayの利用へ誘導されます。

追記(2019-10-14)
自らやっちまった。
とあるお店がポイント還元店舗検索アプリで出ていました。
対象決済はVISAとMasterと表示されいるのを確認しましたが、データが不完全だろうからなと思案。
レジでPayPayのQRコードがあったので思わず「PayPayで」と口から出てしまいました。
後でPayPayアプリで還元対象店舗でないことを知ってガッカリ。
ポイント還元対象店舗検索アプリのデータが正しかったもよう。

スポンサーリンク

キャッシュレス・消費者還元事業の登録店舗数の記事を見たが



ポイント還元参加“西高東低” 訪日客誘致に熱心、節約志向も反映か(ヤフーニュース/SankeiBiz)

ネットニュースと新聞

良く見るネットニュースはヤフーニュースですかね。
翌朝配達される紙の新聞では既出記事として見ることが少なくありません。
それでも折り込みチラシを見たり、古新聞としての需要が残ります。
一方、ヤフーニュースはネット民のコメントが参考になります。
色んな見方があるもんだと感心します。
オリジナル記事を鵜呑みにしないためにも。

無意味な統計データ?

興味があったので、引用した記事はキャッシュレス・消費者還元事業に参加している人口1万人あたり店舗数がブロック別に算出してあります。
40を境に高い低いを色分けしているようですが、西高東低と論ずる程の差はありません。

コメントにあるように何故人口あたりなんだろう?
母数となる同事業対象の中小事業者あたりとしないと無意味なことが分かります。
そのデータが入手できなかったからでしょうか。

記事本文の有識者のコメントが取って付けたような。
そもそもポイント還元を受けるには決済事業者が登録されている必要があります。
訪日客の場合は使う決済手段が登録されているのは皆無でしょう。

スポンサーリンク