スマホを場所取りグッズとして置いとくなんて


場所取りに最適なアイテムか

先日、場所取りのため置かれていたものを見て驚いたのでメモ。
それはスマートフォンでした。
個人を特定し、主張するには適しているかも知れません。
大前提として「誰も持ち去らない」だろうとした仮説があります。
平和と言われるこの日本国内でも私はしません。

紛失したら怖い

一作目が大ヒット、続編が間もなく公開される映画「スマホ落としただけなのに」シリーズ。
この映画は観ませんが個人情報の詰まったスマートフォンを紛失したら考えただけでも大変です。
それが他人へ渡って情報漏洩による恐怖ミステリーに。

少し考えただけでも、セキュリティーのガードが及ばないものに、SIMカードやモバイルSuica(プリペイドチャージ額)があります。

日常生活に支障がありそう

皆が悪意あるとは限りません。
しかし、自身の日常生活に支障が生じます。
手元にスマホが無いと各種連絡手段が失われる事はもちろんです。
次に困るのはサイバー犯罪対策で導入することが多い二段階認証にはスマホが必要不可欠なこと。
メール、SMS、認証アプリ等が使えないと大変な事が想像できます。

余談ですが、この二段階認証を破るツールが出回っているような情報も。
新たな対策を講じる必要もありそうです。

スポンサーリンク

ポイントサイト経由のショッピングや会員登録、ポイントが付与されない


ポイントサイト経由でECサイトへアクセス・ショッピング/会員登録して失敗した原因を公開メモ。

リンク先でショッピングや会員登録は完了しているのに経由したポイントサイト/アプリに付与されるポイントがいつまで経ってもやって来ない・・・

調べてみるとまさかの初期設定が原因。
iPhoneのブラウザSafariの設定がデフォルトのままだと残念な事になるので、次の変更が必要です。

設定>Safari>プライバシーとセキュリティの
「サイト越えトラッキングを防ぐ」をオフに

ECサイトでの完了情報がブロックされ元のポイントサイトへ伝わらないようです。
いつもはPCを使うのでうっかりしていました。
一度変更してもiOSのアップデートでリセットされるので要注意。

2月はポイントの臨時増加キャンペーンが沢山あるようです。
件の手続きをやったのは1月でした。
登録時期の失敗とポイントサイトの失敗で踏んだり蹴ったり。
逃した魚は大きいなあ。

スポンサーリンク

モバイルデータ通信ができずアプリが動かない


外出先でiPhoneの殆どのアプリが動かない状況で、必須のデータ通信ができないことに気付きました。
何の不具合だろうか。
迷わずiPhoneを再起動すれど改善しません。

iPhoneの初期設定で、使用するSIM(IIJmioのBIC SIM)を設定する際にプロファイルをインストールし忘れた時も同じ状況になります。
今回はこれはないだろう。

ホーム画面の左上のアイコンを見ると、キャリアの電波は受信できているのに「4G」の表示が無いようです。
コントロールセンターを確認してみましょう。
モバイルデータ通信がオフの状態です。
オンへ切り替えてアプリは問題なく動きます。

操作した記憶はありませんが、近くのWiFiボタンのつもりの誤操作かも。
BIC SIMの特典のひとつ、ギガぞうWiFiを利用するようになって外出先の街中では頻繁に該当のアクセスポイントを掴むようになりました。
モバイルデータ通信回線を使いたい場合はWiFiオフにしなくてはなりません。
その時の誤操作?多分。

スポンサーリンク

iPhoneのデータ移行にトラブルはつきもの、過去の失敗は教訓になります


なかなか移行作業できずにいました

週末はiPhoneの機種変更のためデータ移行作業です。
キャリアSIMならショップでやってもらえるのでしょうが、MVNO(IIJmio)なので自分でやらねばなりません。
使っている本人の予定もあり、時間の制限が厳しいのはいつものこと。
まず、一年振りなので手順を確認します。

幾つかある中で、MacのiTunes経由でのデータ移行に慣れているので今回もそうしましょう。

トラブル1:iTunes環境も見直さねば

iTunes対応のNAS-HDDにiTunesライブラリーを置いているのですが、最近調子が悪いようです。
iTunesを起動すると嫌なメッセージが。

「ファイル”iTunes Library.itl”は有効なiTunes ライブラリファイルではありません。新しいiTunes ライブラリファイルを作成して、このファイルの名前を”iTunes Library (damaged).itl”に変更しました。」

データはiTunes>iTunes Mediaフォルダにあるのですが、それを管理している大事なファイルiTunes Library.itlが壊れているようです。
バックアップから復元を繰り返すことに。
以前の苦労した経験が活きました。
NAS-HDD自体、TimeMachineのバックアップ対象外なのでデスクトップへコピーを保存済み。
今後は保存先を見直したほうが良いかな。

トラブル2:記憶や記録が間違ってる?

Apple IDはアップルのサービスには必須です。
記憶及び記録しているパスワードを受け付けてくれません。
仕方なくパスワードリセットを試みましょう。
同Apple IDでログインしているデイバイスへリセット手順の通知が届くはず。
待てど暮らせど届かない。
ログインしていない?のでしょうか。
ヘルプを調べると、電話番号とメールアドレスで何とかなりそうです。
電話番号へのSMSと復元用メールアドレス(Apple IDと同じ)へ届いたコードで認証できました。

過去のトラブル:LINEアカウント移行に失敗

過去に失敗したLINEアカウントの引継ぎは手順を再確認して慎重にやりましょう。
トモダチ再登録は大変。
評価をグッと下げられた経験でした。
現在は以前の手順とは異なり楽々?
iOSからiOSなのでトーク履歴等も引継ぎ無事終了。

過去のトラブル:プロファイルのインストールを忘れて失敗

ドコモ回線を使うIIJはプロファイルのダウンロードとインストールが必要です。
忘れるとモバイル回線でのデータ通信ができません。
LINEのアカウントしか知らない友人と待ち合わせたところ、連絡できずに大変だったと批難された記憶が・・・
WiFi環境下で電話の発着信のみ検証していたため、モバイル環境下でのルーティング情報設定が漏れてしまったのです。
これも教訓になりました。

スポンサーリンク

BIC SIM特典のギガぞうWiFiのプロファイル、アップデート(1.6.3)でインストールできた


プロファイルのインストール失敗

MVNOのIIJmioでは12月から新たにBIC SIMユーザー向け公衆無線LANのギガぞうWiFiを無料で利用できる特典が始まりました。
早速、iPhoneにアプリ・ギガぞうWiFiをインストールして試してみます。

最初のアプリログインにてプロファイルをダウンロード/インストールします。
iOSではプロファイルが必要です。
しかし、「プロファイルをインストールできませんでした」とエラーを返されてしまいました。
ヘルプを見ると、Appleへ問い合わせるように誘導されたけど面倒そうなので諦めることに。
その後、上手くセットアップできたWiFiモデルのiPadで使っていました。

BIC SIM特典、ギガぞうWiFiのプロファイルがインストールできない

アプリのアップデートを試す

ギガぞうWiFiがアップデートしていることに偶然気付きます。
ダメもとでiPhoneのアプリにログインして、プロファイルのインストールにトライしてみます。
すんなり成功です。

アップデート(1.6.3)の説明を見ると、インストール時間短縮のため設定ファイルを「標準プロファイル」と「追加プロファイル」に分けたらしい。
それが功を奏したものではなかろうかと思います。
標準プロファイルのみインストールして、それに含まれないSSIDの場合は対象SSIDを個別に選択しています。
次回からは自動的に接続するようです。
現時点では追加プロファイルをインストールしていません。
mobilepoint(セキュリティの甘い暗号化方式WEP)にVPN接続は助かります。

※標準プロファイルと追加プロファイルの詳細
https://wi2.co.jp/jp/4108

※プロファイルインストールの詳細手順
https://wi2.co.jp/jp/4159

スポンサーリンク