ネットを使った個人間の売買、仲介する事業者を良く知らねば


アマゾンのマーケットプレイスで購入した商品が到着予定日を過ぎているのに届かないと相談を受けました。
配送に関するデータがアマゾンのサイトに登録されていないようなので、出品者へ連絡することから始めなくては。
マーケットプレイス保証まで進む前に解決すれば良いけど。

個人的にはマーケットプレイスを利用する場合、なるべくプライム特典が使える在庫管理や発送をアマゾンで行う方式を選んでいます。
トラブル解決が早いのでお気に入りです。

最近、ネットを使った個人間の売買・フリマアプリmercariに絡む詐欺が話題です。
メルカリはメルペイしか使ったことがないので、後発のPayPayフリマも含めフリマアプリから足が遠のきそうです。

[詐欺の概要]
悪意の出品者が売ろうとするのは自分で所有しているものではありません。
落札を受けたらアマゾン等へ注文して落札者の住所へ商品を発送します。
その支払いにPaidyを利用。
Paidyは後払いで、請求は注文した出品者へ送られます。
Paidyに登録されているのは電話番号とメールアドレスのみ。
名前、住所、生年月日も伝えず、身分証明書の提示もありません。
無視することでPaidyは代金を回収できなくなり、Paidyの加盟店から得たメルカリの落札者の情報の住所へ送付するのです。
悪意の出品者は購入者からの代金を無償で手に入れることができます。

購入者は既にメルカリへ代金を支払っているため、二重請求されています。
購入者はPaidyとの契約関係はないので支払う必要はありません。
支払わないとブラックリストに載るなんて誤った情報もあるので良い気持ちはしません。
心当たりのない発送元(アマゾン等)からの荷物を受け取り拒否すれば良いとアドバイスがあります。
これも家族が受け取ったりするので無理があります。

現在はPaidy利用制限されているようですが、手続きを簡素化して追い付こうとした後発のPaidyの甘さを突かれた状況ですかね。
起こりうる詐欺事案など、仲介する事業者の対応を注意深くみたいと思います。

スポンサーリンク

「置き配」で良いのだが、アマゾンとクロネコメンバーズで試みた


更新:2020-01-20

再配達は大変そう

ネット通販にはお世話になります。
気が付けばアマゾン、楽天、ヤフーの各通販陣営クレジットカードを持っています。
ポイント等が有利に付与されるので誘導された結果。
中でも主に利用するのはアマゾンです。
水など重量物を配達して貰えるのは有り難い。

一方、運送会社にとっては再配達が悩みのタネ。
戸建てならまだしも集合住宅だったら・・・
車まで重い荷物を持ち帰るのは大変そうです。
だからと言って、放り投げたらいけません(時々、映像がネットに流れます)。

アマゾンの置き配を試す

いちユーザーとしては再配達しなくても良いようにできればと思います。
アマゾンでは「置き配」を選べる事を知りました。
チャットで問い合わせたときの回答です。

商品の配達場所は、 宅配ボックス、ガスメーターボックス、玄関、自転車のかご、車庫、建物内受付/管理人を選択できます。

早速、次の機会に試しました。
しかし、注文時には選択肢が見当たりません。
アマゾンに再確認すると、配送会社が大手(ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便)の場合は置き配できないと回答。
配送会社が決まり次第、大手以外の場合は「置き配」が選択できるようになるそうです。
大手以外は小回りが効くからだとか。
逆と思ってました。
今回もそうですが、ヤマト運輸の配送エリアのようで「置き配」の選択肢はありません。

クロネコメンバーズの受け取り場所変更を試す

ヤマト運輸にはマツコデラックス登場CMで知られる「クロネコメンバーズ」があります。
発送にも使ってますが、荷物を受け取るときも日時や受け取り場所変更に使えます。
しかし、クロネコメンバーズのお受け取り場所の変更以下のメニューがグレーアウトされて選択できません。

問い合わせると、荷物のサイズが大きすぎるようです。
縦・横・高さの3辺の合計の長さ(cm)と重さで荷物のサイズが決まります。

100サイズ以上は指定不可と言われたので、80サイズまででしょうか。
発送する機会があったら試してみようと思います。

追記(2020-01-20)
100サイズを試す機会がありましたが、自宅の受け取り場所指定メニューはグレーアウトしたまま。
サイズ60又は80は次の機会に。

スポンサーリンク

アマゾンのチャットで感じるグローバル化


ネット通販にはお世話になっています。
問い合わせる必要が時々発生。
アマゾンの場合、私はチャットを利用しています。
電話だと、ながら問い合わせは無理。
PCなら何かの作業をやりながら、キーをカタカタ叩けば意思が通じるのがお気に入りです。
手順が知りたい時などはコピペしてもらえるので有難く思います。

最近、アマゾンのチャットで変わったことがあります。
チャットが始まると。
担当の(チャットオペレーターの)名前が〇〇です、と表示されます。
あれ?海外で対応でしょうか。
「てにをは」の使い方が怪しいのはご愛嬌ですが、前後で説明が矛盾するのは頂けません。
やたらと時間がかかってしまいました。

以前、電話で問い合わせた時も似たような経験をしたことがあります。
グローバル化を受け入れなくては。

スポンサーリンク

経営統合でエンドユーザーにも恩恵あるか?ヤフーとLINE


昨日発表されたヤフーとLINEの経営。
朝は新聞の見出しだけ見て後で電子版をめくってみます。
個人的には中国のプラットフォーマーは別にして米国のGAFAにドップリ浸かっている日常です。
全く無関係に生活している人はまれかも知れません。

検索はヤフーよりGoogle派ですが、ヤフーのアプリも色々と利用しています。
PayPayが出てからその傾向が顕著です。
統合会社はそれらを包含したスーパーアプリを開発するそうですがどうなるのでしょう。
プラットフォーム上で動くのでスマホは単なるユーザーインターフェース。

ヤフーと言う名称は国外では使用できないようなので変更もあるかな。
ヤフオク!ドームも来年にはペイペイドーム?になるんだっけ。

買っとくべきだったか同社株。

スポンサーリンク

ナウル共和国(+674)から電話がきた、サギ?


昨日(10/28)のお昼ごろ、知らない電話番号から着信がありました。

いつもは知らない番号には出ないのですが、スマートウォッチGarminに「ナウル」と通知が届いたので何気にスマホで応答すると何やら音声が流れて数秒後に切れました。
674から始まるナウル共和国からの国際電話のようです。
南太平洋にある小さな島国からはるばると。

ググってみると同じような話が溢れています。
ワン切りサギではないでしょうか。
コンピューターにより無差別にかけているもよう。
着信履歴からかけ直したらどうなる?
国際電話料金が高額だとしてもそれがサギ集団へ渡る仕組みが分からない。
個人情報の収集が目的なんだろうか。

取りあえず着信履歴から削除しておきます。

スポンサーリンク