いつものガソリンスタンド、変えてみると新たな発見が


年明け早々有難くないニュースが流れています。
中東を巡る情勢が危うい状況に。
選挙を控えた米国トランプ大統領がイランへ仕掛けました。
ゴーン被告の逃亡先レバノンも中東ですか。
遠いところにある地域ですが、日本も無関係ではありません。

身近なところで、石油は日本にとって生命線です。
イランに助けられた話は「海賊とよばれた男」で知った人も多かろうと。

ガソリン車に乗っているので小売価格の変動には敏感です。
近くの幹線道路沿いにはガソリンスタンドが数多くあります。
これまで何気に最も近いスタンドで現金給油してきました。
せっかくキャッシュレス還元事業が始まったので加盟店を探してみます。
店舗や決済方法によって支払い額に随分開きがあります。
薄利多売のビジネスモデルなので横並びの価格と思ってました。
店先の価格表示板に表示していない店舗が少なくありません。
車を停めて価格を確認した後に高いからと、給油しない人はいないのでは?

キャッシュレス還元事業加盟のスタンドの還元対象の決済方法は系列のクレジットカードのみのケースが殆ど。
残念ながら、当初はポイント還元対象店舗検索アプリのデータが誤っていたようで還元されませんでした。
そのために新しくクレジットカードを作るつもりはありません。
セルフだとスタンドによって手順が異なるのでやや障壁ですが、いつものスタンドを変えてみるのと新たな発見があるかも。

スポンサーリンク

いつもと違うガソリンスタンドでやっちまったこと


いつものスタンドは閉まっている

いつもは近いとの理由で定期的に同じガソリンスタンドで現金給油しています。
キャッシュレス消費者還元は(アプリでの5%表示を見ると)整備だけと思います。

クレジット払いと現金払いは設定金額が違います。
これって(手数料を上乗せする行為)クレジット会社との規約違反?だと思うのですが、どこのガソリンスタンドも一般的。

今回、予定外のガソリン消費で異なるルーティーンになって新たな発見が。
あ!閉まっている。
働き方改革でしょうか、20時までの営業になってます。

消費者還元事業加盟店は

幹線道路沿いなので他に営業しているスタンドは多くあります。
どうせならキャッシュレス還元で2%還元店舗がが良いか。
探そうにもスマホを忘れています。
記憶にある該当スタンドらしきところに停めます。
殆どがセルフに変わっているのはこの業界も働き手不足が深刻な問題なのでしょう。
薄利多売のビジネスモデルですから。

件のスタンドもセルフだったので使い方を教わりながら給油です。
使えたJCBマークの付いたクレカで決済します。
スタンドのおじさんは何も言わなかったけど、後で確認したらJCBカードは還元対象外ではないですか。
90円相当の還元を貰い損ねたことに。

スマホ忘れた自分のミスではあるんですけど。

スポンサーリンク

新大阪駅で稀な経験?ズルは良くないね


新幹線は便利な乗り物

新幹線は速くて大量輸送に便利な乗り物です。
たまに乗ると新しい発見があります。
国鉄民営化後も異なる鉄道会社を相互乗り入れでシームレスに移動できるので会社が別と意識することは殆どありません。

当然ですが、在来線と新幹線はゲートで区切られています。
新大阪駅の新幹線と在来線の乗り換え口で稀な経験をしたのでWebログに残しておきます。

稀な?出来事

JR京都線から新幹線へ乗り継ぐときの自動改札機はかなりの数が並んでいます。
向かって左手が新幹線から在来線への出口で、右手が新幹線への入口となっています。
手持ちのチケットは最も右手にある有人改札口を通る必要がありました。

何故か入口の自動改札機が大行列、有人改札口はガラガラなのでラッキー。
すぐ前にいた老夫婦が手にしているチケットは自動改札機用では?と思っていたら、駅員が何やら咎め言います。
「割り込んだらいかん」が主旨のようです。
自動改札機は右利き用にゲートの右手にICカードをタッチするところや裏に磁気の付いた切符を挿入するところがあります。
前のお客さん、体は有人改札を通りながら磁気切符は左側の自動改札機を通していたようです。
件の駅員さんは列の後ろに並ぶように言いながら自動改札機を通した磁気切符を返してしまったようです。

気になることが幾つか

再度、自動改札機に通したらどうなるのか?気になります。
エラーにならないの。
もしかしたら、このお客さんは左利き?だったのでしょうか。
老夫婦の会話から察するに確信犯のもよう。

新大阪駅の在来線はJR西日本所属で、新幹線はJR東海所属と聞いています。
この乗り換え改札はどちらの所属なんだろう。
近くの博多駅は制服からして新幹線側、つまりJR西日本が管理しているみたい。
面倒くさいのでスルーしそうですが、それって見られているんですよね。
鉄道会社もクレームは嫌ですから。
ズルは良くありません。

スポンサーリンク

大阪で思わぬ鉄道小旅行


先日、大阪で思わぬ電車でやってしまった話。
土地勘のない知らない町での電車やバスの移動はときどきブログ他のネタになります。

阪急・大阪梅田駅からひとつ目の十三駅近くに宿泊していました。
新大阪駅へ最短で早く行けるルートは他にもあったのですが、持っているJR乗車券が大阪市内発なので阪急電鉄160円で行ける梅田経由大阪駅を目指します。

阪急路線図を確認しとけば良かった。
大阪梅田を起点に京都線/宝塚線/神戸線が十三で分岐しています。
十三駅では三路線のホームが分かれていますがどの路線でも電車はすぐ来るので大人しく待てば良かった。
染みこんだ博多駅の感覚でした。
乗ろうとした電車に乗れず、隣のホームへ移動して飛び乗った電車が・・・京都線で高槻市行きの逆方向。

すぐに気付いたけど時間は大丈夫そうなので行けるとこまで小旅行です。
淡路駅で折り返すことにします。
Google Mapsタイムラインに記録されていますが、目的地の新大阪駅駅をかすめているのが何とも。

スポンサーリンク

キャッシュレス・消費者還元事業向けにどうしよう、交通系ICカードの選択


政府主導のポイント還元はもうすぐ

消費税増税まで残り僅かな期間です。
同時に始まるキャッシュレス・消費者還元事業を見越したシェア争いは如何に。
乱立気味の新興勢力のスマホ決済の還元キャンペーンは9月に入ってから落ち着いている?

QRコード決済事業者は資金と人海戦術でPayPayが加盟店数と会員数でリードしているようです。
制度対象店舗の3割程度しかキャシュレス対応していないとのニュース。
開拓余地は充分。

スマホ決済の対抗馬は交通系ICカードか

旧来のおサイフケータイは店舗側の初期コストがちょっと。
QRコードを貼り出すだけで済むQRコード決済に比べて新規店舗開拓は難しそうです。
個人的には長く老舗のEdyを愛用していましたが、今は交通系ICカードを主に使っています。
通勤で使うJR九州のSUGOCAです。
JR九州の鉄道利用や駅ビルテナント等でJQポイントがもらえます。
街中ではSUGOCA支払いできてもポイント付与対象は殆どありません。

駅改札通過時にJQカードからのオートチャージ設定しています(写真上)。
0.5%のJQポイント付与となります。
定額のオートチャージは必要な額に満たなかっり、残高が無駄になったりするので使い辛いです。
そのため、駅券売機で小まめにチャージ条件を設定変更する必要があります。

やっぱりSuicaか

そんな不満から好きなときに必要な金額をチャージできるモバイルSuicaを使い始めました。
相互利用が売りの交通系ICカードですからエリア外のカードを使う人も多いと思います。
Suicaが太っ腹なポイント還元を告知しています(写真下)。
10月1日からJR東日本の鉄道利用で2%ポイント還元(モバイルSuicaの場合)が始まるそうです。
会員数が増えそうな気配。
このJREポイント付与はJR東日本エリア内にしか対象がない(涙)。
でも、モバイルSuicaチャージに登録しているクレカのポイントは頂けます。
キャッシュレス・消費者還元事業のポイント還元はJREポイントに上積みされるもようなので来年6月まではどうしようか。
使えてもポイント付与対象外なら同ポイント還元は意味がありません。
同エリアの人が羨ましい。

スポンサーリンク