キャッシュレス・消費者還元事業向けにどうしよう、交通系ICカードの選択


政府主導のポイント還元はもうすぐ

消費税増税まで残り僅かな期間です。
同時に始まるキャッシュレス・消費者還元事業を見越したシェア争いは如何に。
乱立気味の新興勢力のスマホ決済の還元キャンペーンは9月に入ってから落ち着いている?

QRコード決済事業者は資金と人海戦術でPayPayが加盟店数と会員数でリードしているようです。
制度対象店舗の3割程度しかキャシュレス対応していないとのニュース。
開拓余地は充分。

スマホ決済の対抗馬は交通系ICカードか

旧来のおサイフケータイは店舗側の初期コストがちょっと。
QRコードを貼り出すだけで済むQRコード決済に比べて新規店舗開拓は難しそうです。
個人的には長く老舗のEdyを愛用していましたが、今は交通系ICカードを主に使っています。
通勤で使うJR九州のSUGOCAです。
JR九州の鉄道利用や駅ビルテナント等でJQポイントがもらえます。
街中ではSUGOCA支払いできてもポイント付与対象は殆どありません。

駅改札通過時にJQカードからのオートチャージ設定しています(写真上)。
0.5%のJQポイント付与となります。
定額のオートチャージは必要な額に満たなかっり、残高が無駄になったりするので使い辛いです。
そのため、駅券売機で小まめにチャージ条件を設定変更する必要があります。

やっぱりSuicaか

そんな不満から好きなときに必要な金額をチャージできるモバイルSuicaを使い始めました。
相互利用が売りの交通系ICカードですからエリア外のカードを使う人も多いと思います。
Suicaが太っ腹なポイント還元を告知しています(写真下)。
10月1日からJR東日本の鉄道利用で2%ポイント還元(モバイルSuicaの場合)が始まるそうです。
会員数が増えそうな気配。
このJREポイント付与はJR東日本エリア内にしか対象がない(涙)。
でも、モバイルSuicaチャージに登録しているクレカのポイントは頂けます。
キャッシュレス・消費者還元事業のポイント還元はJREポイントに上積みされるもようなので来年6月まではどうしようか。
使えてもポイント付与対象外なら同ポイント還元は意味がありません。
同エリアの人が羨ましい。

スポンサーリンク

九州から山陽新幹線の旅、私が学生ならこれを利用します


公共交通機関を利用する出張の機会がほとんどなくなりました。
プライベートではもちろん自分で手配して支払わなければなりません。
基本はお安く、です。
これまで新幹線は金券ショップを利用することが一般的でした。

金券ショップで扱っていない目的地がたびたび。
最近はJR九州ネット予約を良く利用します。
九州新幹線なら早割でかなりお安くなります。
その分利用制限が厳しいため、日程の変動要素が大きいと使い辛いです。

山陽新幹線利用にはJR西日本と共同企画となる「eきっぷ」を使うようになりました。
JR九州のクレカJQカードでの決済が条件です。
発券するまでは何度でも変更できるのがお気に入りです。
帰省した息子のUターン用のチケットを予約しておきます。
今更かも知れませんが、ネット予約で割引になるのは指定席特急券のみです。
乗車券は通常料金になります。

二割引になる在学証明書を持っていることが分かったのでそれで在来線も含めた全区間の乗車券を購入、eきっぷは指定席特急券のみに変更します。
後者は普通に買う自由席特急券と同じくらいの値段かな。

時間的な余裕があるならJR西日本系の日本旅行の「バリ得こだま」も使えそうですが、制約が厳しいです。

スポンサーリンク

交通系ICカードは日常生活を考慮して選ばねば


私的にはスマホ決済に押されて日常の買い物では出番が少なくなった交通系ICカードです。
しかし、公共交通機関を使う時や駅ナカでは必須アイテム。

JR九州の定期券を使っているのでSUGOCAがそれです。
域内にある西鉄のnimocaや福岡市営地下鉄のはやかけんの他、全国の交通系ICカードと相互利用できるようになって便利になりました。
ポイント付与やチャージの利便性を考慮して利用機会の多いSUGOCAを選んでいます。

SUGOCAチャージでポイントをもらうためJR九州のクレカJQカードと紐付けてオートチャージ設定しています。
オートチャージができるのはJQカードが一択です。
改札通過時に設定条件に従い処理されます。
このJQカードは他に駅ビルで買い物するときの割引や列車ネット予約(eきっぷ)の割引があるので重宝しています。

たまに九州域外に出る程度ならこのままで大丈夫。
コンビニでチャージできるので困らないと思います。
しかし、移り住んだら域内の交通系ICカードに乗り換えるべきかと。
駅の券売機やバスでのチャージが出来ないとなあ。

新天地はJR西日本のエリアなのでICOCAにします。
地域のバス会社で発行しているICカードとも互換性があるようで助かります。
これまで定期券で使っていたSUGOCAはデポジットの500円を払い戻ししようかと思案しましたが、4年後のために残しておきます。

スポンサーリンク

あれ?SUGOCAにオートチャージされない!


QR/バーコードで支払うスマホ決済の還元キャンペーンで遠のいた人もいるだろうICカードです。
Edy/WAON/交通系ICカード等々。
殆どが前払い方式なので事前の残高チャージが必要です。
判定金額以下になったら設定金額をチャージするオートチャージが便利で利用しています。
条件を満たせば、レジで支払うタイミングや駅の改札を通過するタイミングでチャージされます。

スマホ決済を使うようになってICカードのチャージ金額を最小限に抑えているこの頃。
しかし、鉄道やバスを使うなら交通系ICカードは必須アイテムです。
常用しているSUGOCAへのオートチャージはJR九州と北九州モノレールの駅自動改札通過時となります。
暫くは九州域外で使用する機会が増えそうなのでチャージ金額を変更しなくては。

あれ?
自動改札を通過した際、判定金額以下になったのにチャージされない。
何かの間違いだろうか。

再確認すると。
端末の操作パネルでは上から、オートチャージ金額→判定金額の順です。
頭の中のフローは逆!
これまで、他のICカードも含めて両金額を同じにしているので全く気付きませんでした。
こちらが世の常識だろうか、良く観察しなくては。

ところで、域外や街中で残高不足になっても大丈夫。
セブン銀行ATMを使って現金チャージできます。
もちろん、クレカのポイント付与は無いです。

スポンサーリンク

JR九州の事故で久しぶりの満員電車を体験(2019-03)


毎朝の出勤前のルーティン、と言ってもローカルテレビKを見るだけ。
主にピンポイントの天気予報を知るためです。
気象予報士の独自予報はたまには大きく外れますが、ご愛嬌。

世の中の大事件ではなくても関連する交通情報は貴重です。
今朝はJR九州の電車が事故により運転見合わせ中であることを知りました。
JR九州のWebサイトに情報が掲載された時刻は不明ですが、報道で知ったときは事故発生時刻から1時間は経っています。
局によっては更に30分遅れました。
各交通機関からの情報配信ではなくて、各自が情報収集しているからでしょうか。
ウォッチしているためか運転再開の情報は割と早かったようです。

運行情報を通知したり、Yahoo!のトップページに登録している運行情報をチェックするのが無難かな。
久しぶりに満員電車を体験、一日のエネルギーの多くを消費した気分です。

スポンサーリンク