東京2020の今年も頑張るぞ、鳥栖高校書道部パフォーマンス


新年(2020年)も早4日目です。
いつも開いているコンビニがお休みだったり、恒例の年賀状も卒業する人が少なくないお正月でした。
風習は時代と共に変わるのでしょうか。

昨日(1/3)、野球部OB会のイベントで盛り上がっていた鳥栖高校グラウンドを覗いた後、買い物で立ち寄ったショッピングモール・フレスポ鳥栖です。

毎年やっているのでしょうか、鳥栖高校書道部のパフォーマンス。
数少ない正月らしさを感じるイベントでした。

今年は楽しみな一大イベント・東京オリンピックが待っています。
ともかく、災いのない1年であることを。

スポンサーリンク

どぶろっく、ローカルな地元ふれあいフェスタに凱旋


2019年のキングオブコントで優勝したどぶろっく。
昨日(12/08)の出身地佐賀県基山町で開催された超ローカルなイベント「ふれあいフェスタ」に登場しました。
もちろん優勝ネタ「大きなイチモツを下さい」を披露して会場を沸かせます。。

県外からも(と言っても福岡県は近所ですが)多数の来場者があり、ステージ周りにこんなに人が集まるのを見たのは初めて。
いつもは子どもが小さいか、孫のいる世代が来場者のメインです。

イベントの流れで「モチまき」まで参加させてもらい子どもが小さい頃の事を思い出しました。

どぶろっくは地元の夏祭り「きのくに祭り」にもたびたび凱旋してくれます。
中学や高校の先輩に有名人がいると何となく誇らしいかな。

スポンサーリンク

きやま創作劇「草莽の民」観劇、ふれあいフェスタ(2018-12)にて


週末は寒くなりました。
暫くは続きそうです。
地元佐賀県基山町では恒例の地域イベント・ふれあいフェスタやってました。
子どもが小さい頃は餅まきで盛り上がった記憶があります。

時間ができたので覗いてみます。
15時を回っていたので出店のテント類は殆ど片付いています。
やって来た目的は大ホールで行われる当日2回目の創作劇「草莽の民(そうもうのたみ)※」公演を観ること。
なかなかの盛況、かなり席が埋まっています。
※脚本/演出/総合制作 福永真理子

今年は明治元年から数えて150年となります。
明治維新の頃が時代背景にあるNHK大河ドラマ「せごどん」は最終回を残すのみ。
先日は佐賀市でやっている「肥前さが幕末維新博」に行ってみて意外な面白さを体験しました。
機会があればテーマ館にはもう一度足を運びたく思っています。
この創作劇も同時代のここ佐賀県基山町をモチーフにしているそうで楽しみです。

自分が暮らす町の歴史が学べて良かった。
基山町や鳥栖市田代地区は現長崎県対馬市、対馬藩の飛び地(田代領)であったことは知ってましたが。
この劇でその経緯や暮らしぶりまで思い描くことができるようになったような。

裏方を含め知っている人が何人も関わっていました。
息子が基山中学野球部当時の顧問も(アキを)好熱演でした。

町立図書館にて、この創作劇「草莽の民」と関連した資料展示開催中です。

第10回きやま展「草莽の民 明治基山に生きた人達」開催中!!

スポンサーリンク

おせちのお取り寄せ、もうそんな時季



(板前魂DMから)

今の時期になると「おせち」のDMが増えます。
取り寄せるようになって何年にもなります。
おせち専門の会社って年間の売り上げはこの時季に集中するんですよね。
予約日によって値段が異なります。
早いほど割引が大きくなる仕組み。

今年はこちらにします。
電話してもなかなか繋がりません。
自社Webサイトがあるのでこちらからの注文が簡単。
支払いに楽天ペイが使えるようです。
同ECサイトにクレジットカードの情報が渡らないので良い仕組みだと思います。
登録しているクレジットカードのポイントの他に楽天スーパーポイントが貰えます。

楽天市場にも出店してますが、価格設定が微妙に違います。
ポイントの倍率を考えたらこちらが良かったかな。
>>楽天市場

次は良く考えてから・・・

スポンサーリンク

今年(2018)もやってきた鳥栖香楠祭


鳥栖高と香楠中の一大イベント香楠祭が09/04(火)〜06(木)の三日間開催。
期間中、日本列島は台風21号及び北海道で起きた震度7の地震による自然災害の脅威に晒されました。

6年目にして鳥栖高校文化祭は初めてです。
2日目最初の書道部パフォーマンスを見逃さぬようにアドバイスに従ってやって来ました。

昨年、雨天順延で欠席した鳥栖高校体育祭は5回目になります。
平面と呼ぶ各チームの今年のパネルを掲載します。
卒業生にも思い出深いようです。
上から二枚に描かれた似顔絵はいずれも野球部員団長。



今年の優勝は黄団となりました。

スポンサーリンク