コロナ禍で政府も推奨するネット通販です。
人それぞれ、アマゾン・楽天市場・ヤフーショッピングなどお気に入りの通販サイトがあると思います。

最初に利用するようになったのは楽天市場。
同サイトは目的の商品を探し辛い印象だったので、ある時からプライム会員になったアマゾンに傾斜してきたこの頃です。
最近ではそのアマゾンも商品検索ではアマゾン以外が出品するマーケットプレイスが上位に並ぶようになり使い辛くなりました。
中国からの出品者も少なくありません。
国際貨物はプライム対象外で商品がいつ届くかが読めません。

欲しいものをいつものようにアマゾンで探してみると、プライム対象外。
中国からかなあ、と躊躇してしまいます。
先日、楽天市場でマスクを購入したことを思い出したのでそちらを覗いてみます。

出品者が国内の事業者です。
暫く話題になっていた楽天市場の送料無料の対象のようです。
更に楽天スーパーポイントに釣られてついポチッと。

他の方のレビューにもあって不思議に思っていました。
商品がアマゾンから届けられたのです。
あれ?アマゾンに注文したっけ。
「当店の出荷はアマゾン合同会社に委託しております」
なるほどね。

同包されている伝票類に出品者の情報はありません。
メーカーがアマゾンに委託しているのだろうか。
同じ商品を複数の出品者が扱っているので値段だけが違うような。
これってドロップショッピングの進化形なのか。

ところでこのメーカーさん、海外のようですがメールアドレスのみで国名や住所などの表示はありません。
使用感などのレビューを公表して欲しくないようなので商品名は伏せておきます。
なお、楽天市場にレビューを書くと景品がもらえるキャンペーンには応募しました。

スポンサーリンク

おすすめの記事