オープニングが始まらない

Lightning→HDMI→VGA変換

オープニングが始まらない

やらかしてしまった話である。
恒例の野球部を卒部した3年生を送る会のこと。

会を盛り上げる為にオープニング・ムービー(2分程度)をこしらえた。
それに続いて主役が入場する手はずである。
あれ?プロジェクタへ信号の出力がない。
一時間以上前のテストでは問題なく、接続はそのままにしていた。
その間にHDMI→VGA変換アダプタ(下の写真の一番下、白)が壊れたようだ。
開場を遅らせる事はできない。
今回は諦めることにした。

Mac iMovieで作成したファイル(コンテナ)はmp4なので、少なくともこれまでのバージョンはWindows PCで再生できていた。
このムービーは手持ちのWindows PCで再生に不具合があることを確認していた。
会場に備え付けのWindows PC + プロジェクタでも同様の事象だった。

暫定の対処方法

時間が限られていたので再生に問題の無いiPhone/iPadを持ち込むことにした。
Lightning→HDMI変換アダプタ(下の写真の一番上、白)を取り寄せた。

会場のプロジェクタ入力としてはD-Sub15ピンとステレオミニプラグのみだ。
更にHDMI→VGA変換アダプタ(下の写真の下ふたつ、黒と白)で中継することにした。

この黒と白では各モニター類との相性の違いがある。

長いものには巻かれよう

今回は黒いアダプタは使用しなかったが、手順としては外れ。
ファイル配布を考慮すればWindowsユーザーを無視できない。
問題無い動画ファイルとしなくては。
長いものには巻かれよう。

件のムービーは動画共有サイトで視聴して貰った。
前座だったのでまだ良かったが、日頃の検証は大切だなと反省。
mp4ファイル(コンテナ又はフォーマット)は弁当箱と同じ単なる入れ物だ。
中身に当たる映像や音声のコーディックは多数ある。

スポンサーリンク
おすすめの記事