実際に還元されている?

10月からの消費税増税と同時に始まったキャッシュレス消費者還元事業です。
還元方法やタイミングは決済手段によって違います。
ポイントでの還元、現金での還元、決済時に減額など。
10月分がそろそろ頂ける頃かな。
終わったことなので慌てることはありません。
しかし、実は還元対象ではなかった等の勘違いがあるかも知れません。

消費者還元事業対象店舗を告知するポスターに還元対象の決済方法が載っていないのは要注意です。
クレカ、電子マネー、QRコード決済が使えるとしても登録してあるか否か分かりません。
尋ねるのが面倒なら「ポイント還元対象店舗検索アプリ」で確認したいところ。

あの還元対象店舗検索アプリは?

残念なことに、使えないと酷評された同アプリ初期リリース版でした。
現在のバージョン(2.08)ではどうでしょうか。
現在位置を中心とした地図上に対象店舗を示すピンが重なっています。
地図上の位置が間違っていたり、同一店舗を示すピンが複数あるのは変わらず。
目的地まで地図をスクロール移動しないと辿り着けない。
アップル謹製マップの使用はそのまま。
これは小手先の修正では改善しないレベル。
来年の6月には終了する事業です。

ただ、ひとつだけ使える機能が追加されています。
虫眼鏡マークをタップすると、表示中の地図の中心から20Km以内の範囲で加盟店を検索する事ができます。
登録してある加盟店名の文字列の一部でもヒットします。
対象は加盟店名のみで住所やランドマーク等は含まれません。

アプリ以前の問題も

検索結果に同一店舗が複数並ぶ場合は地図上に複数のピンがあるのと同じ理由です。
加盟店登録は決済事業者経由で行いますが、複数の決済事業者が関わる場合は既発のIDを使い回すのがルール。
各決済事業者が新規にID発行したため重複してしまいました。
店舗名や住所が微妙に違うのでおかしなことになっているケースも。
同時進行する各決済事業者の登録作業について、加盟店が重複しないように意識して登録申請しなくてはならないルールには無理がありました。
誤登録内容の修正やIDを統合する名寄せも加盟店が動かないと改善しないでしょう。
消費者還元とは言いつつも、その消費者は置き去り・・・

スポンサーリンク

おすすめの記事