誤送信はうっかりでは済まされないことも

うっかりやってしまうミスです。
LINEメッセージの宛先を誤って送信することがあります。
ビジネスでのeメールの社外誤送信なら重大なセキュリティ事故として扱われます。
既に誤送信リスクの高いファックスは撤去されています。

誤送信したLINEメッセージを削除した

今では24時間以内ならLINEメッセージを取り消せるようになったので助かることもあります。
自分も入っているグループLINEに明らかに誤爆だよなと思うメッセージが届きました。
慌てた様子の送信者は目の前にいます。

間違ったので消して欲しい、と。
どれどれ。
送信したスマホからメッセージを長押ししてメニューを出します。
"削除"を実行。
消えました。

あれ?自分のグループLINEのメッセージは残ったまま。
"削除"ではなく"送信取り消し"を選ばなくてはならなかったのです。
もしかして、これまで長いこと勘違いに気付かずにいた?
やっちまったかな。

"削除"すると送信したスマホのメッセージは復活できません。

別のディバイスで救済できた

スマホのLINE設定>アカウント>ログイン許可をオンにします。
次にPCアプリでLINEへログインすると大丈夫。
メールアドレス/パスワード又はQRコードでログインできます。
続いてスマホに届いた認証コードを入力します。
トークに該当メッセージが残っていました。
"送信取り消し"を選んで実行すると、グループLINEから消えました。
しかし、メッセージの送信を取り消した旨の記録は残ってしまいます。

次にiPadアプリで試してみます。
何故がトーク履歴を引き継げなかったので目的を達成できませんでした。

スポンサーリンク

おすすめの記事