改元の年、令和元年(2019年)は残り10日ほどになりました。
世の中、いろんな事が。
来年(2020年)は一大イベントの東京オリンピック・パラリンピックが控えており、楽しみのひとつです。
入場チケットには縁が無くテレビ観戦します。

個人的には政府主導のキャッシュレス化推進施策に注目しています。
各スマホ決済陣営の還元キャンペーンは地味に散発中です。
大方の予想通り今後は淘汰されると思っています。
QRコード決済のPayPayと交通系ICカード(モバイルSuicaが最強!)がシェア確保すること間違いありません。

残念ながらこれらは日本独自仕様です。
携帯電話同様に日本のキャッシュレスはガラバゴス化中?
東京オリンピック・パラリンピック(2020年)や大阪万博(2025年)を考慮したインバウンド需要にはとても対応できません。
訪日客向けSuicaもあるようですが、利用は期待できない?
逆の立場なら使わないと思います。

世界的に普及している非接触式決済はNFC Pay(VisaタッチやMastercardコンタクトレスなど)です。
対応したカードやApple Payがあるので使おうにも国内で使えるところは未だ少ないのが現状。
コンビニのローソンやマクドナルドで使えると謳っていますが、利用するマックでは対応していないと断られました。

三井住友カードやイオンが積極的に取り組むようなので期待しましょう。
ガラパゴスにしろキャッシュレスが普及した後、グローバル化する流れもありか。

スポンサーリンク

おすすめの記事