和室の蛍光灯の点灯切換えスイッチに繋がるヒモが付け根から切れてしまいました。
引く度に全灯→半灯→常夜灯→消灯と切り替わります。
これまでも延長ヒモ部分は切れる都度に繋ぎ直してきました。
今回は修復不能。
運よく全灯の状態でヒモは切れていたので助かりました。

シーリングライト(LED)に取り換えることにします。
LEDランプは10年間大丈夫とのこと。
蛍光灯のランプ交換を考慮すればお安いかも。

しかし、良く見ると引掛けシーリングローゼットが付いていません。
照明器具に直接配線されています。
シーリングライトを購入した店舗には角形ローゼットしか置いてないのでそれにします。
滅多にならない作業なので配線の被覆の色を確認しておきます。
接地側は白です(黒と勘違いしてました)。

簡単な作業ではありますが、電気火災などの要因になるので要注意。
なお、電気工事士法では無資格での作業を禁止しています。

スポンサーリンク

おすすめの記事